にがりの効能と副作用は?体に悪いというのは嘘?本当?

にがり

にがりの効能って何でしょう?副作用はあるんでしょうか。

調べていると、体に悪いという話も良いという話も、両方出てきます。

10年以上前には、にがりブームがあったようです。にがりダイエットが流行ったとか。

でもその後、にがりダイエットは何の根拠もないということがバレて、一気に廃れていったそうです。

ただ、今でもダイエットではなく健康のために、にがりを摂取している人はいるようです。

また、これからにがりを試してみようと思っている人は、効能や副作用が気になると思います。

なので、にがりは体に良いのか悪いのか、わかる範囲で学びたいと思います。

スポンサーリンク

にがりの効能や副作用は?

にがりの効能は?

にがりの効能として、

・白髪・薄毛・養毛・育毛
・シミ・肌荒れ
・デトックス
・アトピー性皮膚炎
・ガン抑制
・花粉症
・肥満
・便秘
・手足のむくみ
・糖尿病
・高血圧
・骨粗鬆症

などに良いという情報が出てきます。

どうでしょう?

「わ~、めっちゃいい」って思いますか?

私には「これは嘘!これは本当!」という風に判断できませんが、こういった効能があるということを鵜呑みにするのは危険です。

何らかの症状が改善されたという人はいるんでしょうけど、それが本当に「にがり」の効能だったのかどうか分からないですし。

(これらの効能が全くの嘘とは思いませんが)

また、にがりダイエットが流行った時には、
「糖の吸収を遅らせる」
「脂肪の吸収をブロックする」
「糖質代謝を促進する」
「エネルギー代謝を促進する」

といったことから、ダイエット効果があると言われましたが、根拠はありませんでした。


にがりの主成分は塩化マグネシウムです。

マグネシウムは人の体に必要なミネラルの一つです。

なので、摂取することが悪いことではないんでしょうけど「にがりで摂取する必要があるのか?」とは思います。

にがりの副作用ってある?

副作用と言っていいのか分かりませんが、

マグネシウムは、医薬品では下剤として使用されています。たくさん摂取すると下痢になる可能性があります。

なので、便秘に効くというのはそういうことでもあります。

下痢を起こすくらい「にがり(マグネシウム)」を過剰摂取すると、糖質や脂質だけでなくビタミンやミネラル等の吸収も阻害されるので、注意しましょう。

にがりを摂取して便秘が改善されたと喜んでいたけど、知らないうちに過剰摂取していたというパターンもあります。

ちなみに、

通常の食事でマグネシウムの過剰摂取になることはほぼありません。過剰分は尿で排泄されます。(腎機能に異常のない人なら)

スポンサーリンク

にがりは体に悪い?

・にがりは豆腐の凝固剤(添加物)だから

・豆腐を固めるための添加物であって、栄養補助の食品ではない

・主成分はマグネシウムであるべきなのに、主成分が「塩化ナトリウム」のにがり商品もある

・にがりブームに便乗し、粗悪なものが出回っている

・ミネラルの単体摂取は危険

かつての厚生省が骨粗しょう症はカルシウム不足からとしたことによって、「カルシウム剤」が流行った結果、それだけを飲み続けると逆に骨を一層弱くすることが判明したことについて「単体摂取(1つの成分だけを摂り続けること)は危険」との警告を発した。

その後、「カルシウムとマグネシウムの割合2:1で」に変わった。ただ、実際のところカルシウムが骨に定着するためには、マグネシウムの他にカリウム、ナトリウム、鉄、リン、鉛…なども必要なことが分かっています(ミネラルの相互作用。ミネラルは数多くを摂取しなければならない理由はこういうことから)。

過剰摂取しなければ、体に悪いということはないと思うんですが、まがい物には注意した方がいいかもしれません。

話としては、「にがりは内臓を硬くする」なんてぶっ飛んだものもありましたが、豆腐を毎日食べてる人はどうなるんだよって感じです(笑)

さいごに

バランスよく食事をしていれば、にがりを摂取する必要はないと思います。

野菜類、種実類、豆類、海藻類などに多く含まれるので、そっちを食べた方がいいかと。

にがりについて調べていると、「精製塩と自然塩」が気になって、その後「マクロビオティック」に行きついて…

…疲れました(笑)

何が本当で何が嘘かを見極めるのは難しいです。

少し調べてみることは重要だし、一つだけの意見を信用するのも良くないですね。

最終的には自己責任になっちゃいますが、あまり振り回されないようにしたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする