酢酸の効果と美味しく摂る方法とは?

酢酸の効果がすごいらしいです。

酢酸といえばお酢ですが、

お酢が体に良いのは知ってるけど、すっぱいのがあまり得意じゃなくてどうしても積極的に摂れないという人もいるかと思います。

私のことですが(笑)

そんな人でも、今までもよりも積極的に摂ろうと思えるような酢酸(お酢)のパワーを学びましょう!

スポンサーリンク

酢酸の効果

酢 酢酸 効果

酢に含まれてる、重要な成分である酢酸

酢酸は、脂肪を合成するのを防いでなおかつ分解を促進するので、内臓脂肪を減少させる効果があります。

酢を含む飲料を3か月間毎日摂ってもらった実験では、

内臓脂肪が約4.9%減り、
体重も約1.1㎏減り、
腹囲も約1.4cm減り、
血中の中性脂肪も25㎎/dl以上減った

という結果が出たそうです。

他にも、

血圧を下げてくれる
血糖値の上昇を抑えてくれる

という効果もあります。

酢酸(お酢)を1日に摂る量は?

どのくらい摂ればいいの?ということですが、あんまり多いと酢が苦手な人には辛いですよね。

でも、その量は1日に大さじ1杯(約15ml)です。

これなら何とかいけるかな?って感じですね^^(酢を使う習慣をつけるのが大事です)

どの種類のお酢がいいの?

お酢と言っても

・穀物酢
・米酢
・純米酢
・黒酢
・リンゴ酢
・バルサミコ酢

など色んな種類があります。

どれがいいんだろう?と思う人もいるはず。

私だったら、なんとなく黒酢とか良さそうって思います(笑)

でも基本的には、酢の中の酢酸濃度は変わらないそうです。

なので、お好きな酢を選んで毎日摂ることが大事ですね。

スポンサーリンク

お酢を美味しく摂る方法

一部を紹介したいと思います。

野菜の酢漬け(ピクルス)

酢150mlと砂糖50gと塩5gに、

好きな野菜をスティック状にカットして一晩漬け込めば完成。

アサリのみそ汁

アサリの貝殻に含まれるカルシウムは、酢を加える事で4倍以上多く溶け出します。
(水800mlに対して酢大さじ1杯)

ちなみに、酢酸が揮発する(飛ぶ)温度は118℃なので沸騰しても酢酸はなくなりません。

納豆

納豆に酢を加えるとネバネバ成分が酢酸によって分解されてフワッとするので、ネバネバが苦手な人も食べやすくなるそうです。(においも和らぐ)

焼き餃子

酢とコショウだけで食べる。
(しょう油もラー油もなし)

果実酢氷

梅酢やリンゴ酢などの果実酢を水で4~5倍に薄めて、製氷皿に入れて凍らせます。

このときにハチミツなどの糖分を加える(酢と同量)と、完全には凍らずシャーベットみたいになってイイ感じになります。

そのまま食べてもいいし、炭酸水などで割ってもいいし、お好きな使い方ができます。


どれも簡単なので、ぜひ試してみて下さい。

一番簡単なのは、ご飯に酢をちょっとかけて酢飯にすることです。

たぶん酢って何に使ってもいけるんじゃないでしょうか。

色んなものに試してみると、これはウマい!って思うものに出会えるかもしれませんよ^^

さいごに

酢酸(お酢)は、高血圧・高脂血症・高血糖、これら全部に効く素晴らしい成分。

これら3つに同時に効くものって、あまりないそうです。

漢方薬などを飲む時に、5倍程度に薄めた酢で飲むと薬効が高まるという話もあります。


あと、上でも触れましたが、

酢酸の沸騰する温度は118℃で煮物などにはOKなんですが、炒め物だと成分が蒸発してしまう場合もあるので、その場合は料理が完成してからかけると良いです。

【関連記事】
酢の使い方に意外なものがあったのでチェックしてみました。参考まで。
酢の意外な使い方とは?天ぷら、ラーメン、生け花に…どうやって使うの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする