中国産松茸は危険か安全か?国産と何が違う…食べて大丈夫?

中国産松茸 危険 安全

松茸は好きでしょうか?

キノコの中で最も高価なものである松茸。人気もスゴイですよね。

ただ、国産松茸は高すぎるので買えないという人も多いと思います。

そこで出てくるのが中国産の松茸

以前テレビで食べ放題ツアーの特集をしてたのを見たことがありますが、食べ放題にできるほど安価なのが中国産松茸のメリットです。

でも「中国産松茸って危険では?」という疑問もありますよね。

なんと言っても「中国産」ですから。

そこで今回は、中国産松茸が安全なのか危険なのか、また国産松茸とどう違うのかについてチェックしてみました。

スポンサーリンク

中国産松茸は危険?安全?

中国産松茸を危険では?と思うのは主に農薬問題だと思います。

ただ、松茸は

・天然育成のキノコである(天然モノしかない)

・今のところ人工栽培ができない

・農薬とか空気汚染にすごく弱く、自然の松林がないと育たない。汚染されたところでは育たない。

といった特性があります。

デリケートなキノコってことですね。

なので、農薬を使って育てるということはないようです。


ですが、

2002年11月に中国産マツタケの輸入時の検査において、食品衛生法の残留基準を超える量の農薬ジクロルボス(有機リン系の殺虫剤)が検出された

ことがありました。

つまり、収穫後に使用したということでしょうね。

こういうことがあるから中国産は…って言われるわけですね。

ちなみに、ジクロルボスというのは多量に摂取すると、吐き気、下痢、嘔吐、縮瞳、視野狭窄、意識低下などの神経系症状が現れる可能性があり、大量摂取の場合は死に至ることもあり、劇薬に指定されています。日本では殺虫剤として農薬の登録があり、家庭用殺虫剤にも利用されています。


あと、中国の土壌汚染が酷いから中国産松茸もヤバイだろうという話もあったんですが、松茸はデリケートで汚染が酷いところでは育たないということなので、この点については大丈夫そうです。

中国は広いですから、奥地にはまだ未開発の自然がたくさん残っています。その自然豊かな土地で松茸を育てています。


つまり、問題はモラルということです。

「自分は食べないからいい」「儲かればいい」という考えから残留農薬問題が出るわけですので。

(もちろんこれは2002年なので15年以上前の話だし、一部の中国産松茸のことです)

中国産松茸と国産松茸は何が違う?

中国産松茸と国産松茸は、基本的には同じです。

国産は、一般的に赤松(アカマツ)林に生える松茸です。

中国産は産地によって、マツ林の松茸もあればブナ科の樹木に生える松茸(四川省や雲南省)もあります。

(なので、ブナ科の樹木に生える松茸はちょっと違うみたい)


基本的には同じなのに、なぜ味や香りが全然違うのか。

それは鮮度の問題です。

松茸は鮮度が命。

国産は当然国内で採れたものなので、店頭に並ぶまでの時間が短いです。

中国産松茸は「中国で収穫され、輸送され、輸出用にまとめられて、税関を通って…」としている間にどんどん鮮度が落ちていきます。

日本で販売される頃には香りが抜けてしまいます

あと、松茸が洗浄されているのも香りがなくなる原因です。

外国の土がついていると菌や害虫を国内に入れてしまうことになるので、松茸に付着している土は洗浄されます。

なので、中国の松茸は人工香料などでわざわざ香り付けされているものもあります。

また、国産と比べると食感もやわらかいです。


中国産は国産と比べて明らかに変な匂いがするという人もいます。

中国産松茸が臭いと感じる人は、香料の匂いやあるいは残留農薬の匂いを感じるのかもしれません。


ちなみに、松茸の香りは「マツタケオール」「ケイ皮酸メチル」という成分です。

日本ではこの香りを再現したものが「マツタケエッセンス」なるもので、お吸い物などに使われています。

スーパーなどで売ってますよね。松茸風味のお吸い物。あれです^^

スポンサーリンク

松茸を喜ぶのは日本人だけ?

日本人は松茸を高級キノコとして認識していて「美味しい!香りがいい!」と喜びますが、松茸を喜んで食べる国はほとんどありません

(韓国やブータンなど東アジアでは食べる国も。日本のように喜ぶわけではないが)

海外(欧米)の人には、松茸の香りは不快なもの。イヤな匂いだと感じるようです。

よく例えられるのが、靴下(足)の臭いです。

他には、

・革靴の臭い
・蒸れた足の臭い
・お風呂に入っていない人の臭い

など…。

う~ん、不快ですね^^;

もちろん日本人でも松茸の香りが嫌いという人はいますが、これだけ人気になっているわけなので「いい香り」と感じる人が圧倒的に多いということですね。

スポンサーリンク

さいごに(まとめ)

中国産松茸は危険か安全か、についてチェックしました。

簡単にまとめると

・品種としては基本的に同じもの。(DNAレベルでは違うようだが)

・収穫後の扱いによっては農薬が怖い。

・鮮度が落ちるので香りはなくなる

ということ。

一番気になるのは農薬だと思いますが、もうこれは「信じるか信じないか」という話になってきます。

「今はもう大丈夫だろう」と思えればOKですね。

国産とは価格差がありすぎるので、中国産が美味しいと思えればその方がいいのかもしれません^^

松茸は中国産以外にも、韓国・アメリカ・カナダ・トルコ・モロッコ・スウェーデンなどいろんな国のものがあります。

味・香り・食感はそれぞれなので自分の好みに合う松茸を探してみるのもいいかもしれません。

ちなみに、国産松茸に一番近いのはスウェーデン産だそうです。

DNA解析により日本の松茸と同じグループであることが判明したとのことですよ^^

【関連記事】
中国産はちみつの安全性や危険性について
中国産うなぎの安全性や危険性について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする