長生きみそ汁で健康に【世界一受けたい授業】 作り方・レシピは?




みそ汁

今回は、みそ汁健康法です。

世界一受けたい授業で「医者考案の長生きみそ汁」というものを紹介していました。

日本人の朝食と言えばみそ汁。みそ汁は朝必ず飲むよという人も多いと思います。

そのみそ汁が、ちょっと工夫するだけでグッと健康に良いものにできるとなるとこれはかなり気になります。

疲労改善や血管年齢の若返り、肥満改善、腸内環境改善など体の調子をとても良くしてくれるようです。

要チェックです!

スポンサーリンク

長生きみそ汁の作り方・レシピは?【世界一受けたい授業】

みそ汁を飲む頻度が高い人ほど胃がんによる死亡率が低く、中高年女性であれば乳がんの発症率が低減するというデータもあるそうです。

ただ、気になるのは塩分です。高血圧の人は特に気になりますよね。

ところが高血圧になるリスクは、みそ汁を飲まない人に比べて1日に2杯以上飲む人の方が約80%も低いんです。

これは驚きですね^^

動物実験においては、食塩と同量の塩分をみそから摂取しても血圧は上昇しないという結果もあるんだとか。何かが違うんでしょうね。

長生きみそ汁の基本

長生きみそ汁に使うみそは特別なのもの

以下のものから作ります。

赤みそ:抗酸化作用

白みそ:ストレス軽減

すりおろした玉ねぎ:腸内環境を整える

リンゴ酢:疲労回復効果

これらを混ぜ合わせて、製氷皿にいれて凍らせます。

こうすれば1ブロックが1食分というふうに簡単にスペシャルみそが作れます。


みそには乳酸菌がありますが、それだけでは活発に動けません。

そこでリンゴ酢のグルコン酸、玉ねぎのオリゴ糖といったエサになるものを合わせることで整腸作用が保たれます。


あとはいろんな具材を入れるだけ。

みそ汁以外でも、食パンにぬってチーズを乗っけてトースターで焼く「みそチーズトースト」なんてのもアリです。

きのこのみそ汁

・まいたけ、えのき、しめじ、しいたけなどのキノコを食べやすい大きさにカット。

・これらを一煮立ちさせ、1分くらい加熱。

・キノコから十分にダシが出るので、あとはスペシャルみそを入れてよく溶かす。

これで完成。

きのこはカロリーが低くて食物繊維が豊富なのでダイエットにも最適です。

しいたけや舞茸に含まれるβグルカンは免疫力アップの効果も。

栄養満点!って感じですね。

私はきのこ類が苦手なので、これはちょっと厳しいですが^^;

鶏団子の豆乳みそ汁

・鶏ひき肉にみじん切りのネギとみじん切りのショウガを加えて混ぜ合わせる。

・これを丸めてお湯に入れて鶏団子に火が通ったら、豆乳を加えて一煮立ちさせる

・最後にスペシャルみそを入れる(お好みで黒胡椒をパラっと)

これで完成。

鶏から旨味が出るのでダシを入れる必要なし!

豆乳に含まれるサポニンは、中性脂肪の吸収を抑えて悪玉コレステロールが増えるのを防いでくれます。

また、大豆タンパク質は体内での吸収分解に時間がかかるので満腹感を得やすい。腹持ちがいいのでダイエットに向いているってことですね。


これは美味しそうです。

番組内でも絶賛されてましたよ^^

スポンサーリンク

ブリときのこのヨーグルトみそ汁

・鍋にショウガ・酒を入れて、沸騰したら一口大に切ったブリを入れ一煮立ちさせる

・きのこを入れて1~2分加熱

・スペシャルみそを入れてよく溶かす

・大さじ2杯のヨーグルト(無糖)を入れる

これで完成。

ヨーグルトは肥満の予防に役立つし、ブリのEPAは中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やす働きがあります。

ヨーグルトを入れるとなると味が気になるところですが、まろやかになって美味しいとのことですよ。

豚肉とパクチーのピリ辛みそ汁

・豚肉、ショウガ、唐辛子を炒める

・水を入れて一煮立ちさせたら、2分くらい加熱する

・スペシャルみそを入れて溶かす

・最後にパクチーを添える

これで完成。

豚肉のビタミンB1には疲労回復効果があるし、パクチーに含まれる硫化アリルはビタミンB1の吸収を助けてくれるので組み合わせとしてgoodです。

また整腸作用もあります。

厚揚げ酒粕汁

・厚揚げ、ニンジン、しいたけを一煮立ちさせる

・酒粕を加えて溶かす

・スペシャルみそを加えて完成

酒粕に含まれるα-ハイドロキシ酸には免疫力をアップしてがんを予防する働きが期待されています。

また、酒粕に含まれるアルブチンには美白効果があるとされています。

かぼちゃのみそ汁

・皮付きのまま一口大に切ったかぼちゃとベーコンを4~5分加熱する

・かぼちゃに火が通ったらスペシャルみそを加えて完成

かぼちゃには活性酸素を抑えたり免疫力を高める働きがあるβカロテンが豊富。

ベーコンの脂はβカロテンの吸収を良くしてくれる良い食べ合わせです。


他(サラッと紹介されたもの)にも、

・ダブル大根(大根と切り干し大根)のみそ汁

・そぼろ卵とレタスのみそ汁

・オクラともずくのみそ汁

・ささ身と豆苗のみそ汁

・カリフラワーとウインナーのみそ汁

・マッシュルームと海老のみそ汁

・豆腐とえのきの酸っぱ辛いみそ汁(お酢を加える、仕上げにラー油をたらす)

といったものがありました。

すべて健康効果を意識した具材です。

スポンサーリンク

みそ汁以外にも

・みそボロネーゼ

・みじん切りにしたニンニクとセロリをオリーブオイルで炒める

・ひき肉を入れてさらに炒める

・火が通ったら、缶詰のトマト・唐辛子・砂糖・水を加え一煮立ちさせる

・ペンネを入れてときどきかき混ぜながら12分くらい煮込む

・最後にスペシャルみそを加えて完成

トマトのリコピンは抗酸化作用が強いので老化やがんの予防に役立ちます。

フライパン一つでできる簡単レシピです。

さいごに(まとめ)

世界一受けたい授業の「医者考案の長生きみそ汁」についてお伝えしました。

普段飲んでいるみそ汁のみそをスペシャルみそにするだけでもOKです。

ダシをとらなくてもいいっていうのも楽ちんポイントです。

余裕があれば、今回紹介したメニューをアレンジの参考にしてみてください^^


やっぱりみそはいいんですね。

朝はパンだからみそ汁は飲まないという人も、今後は少しずつ取り入れることをオススメします。

夕食でもいいですけどね^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする