高カカオチョコレートの1日の摂取量は?いつ食べるのが良い?

高カカオチョコレート 1日 摂取量

私はチョコレートが大好きでよく食べますが、高カカオチョコレートもちょいちょい食べます。

高カカオチョコレートは気軽に食べることが出来るお菓子である上に健康にも良いと言われてますよね。

カカオ70%くらいなら全然苦くないし(というか甘い)、体にも良いとなればチョコ好きとしては最高です^^

よく見かける商品だと思いますし、あなたも何度か食べたことがあるんじゃないでしょうか?

ただ、ポリフェノールが含まれている事などは有名ですが、どのくらいの量をいつ食べれば良いのかについてはあまり気にすることがないと思います。

そこで今回は、高カカオチョコレートの1日の摂取量や食べるタイミング、また意外な効果についてお伝えします。

スポンサーリンク

高カカオチョコレートの1日の摂取量は?

どんなに健康に良いとされているものでも大量に食べるのはかえって体に悪いですよね。

高カカオチョコレートに適切な量があるとしたらどの程度なのでしょうか?

適量を考える上でカロリーの摂取量やカフェインの摂取量が多くなりすぎないということを基準に考えると良いと思います。

お菓子類によるカロリー摂取は1日約200kcal位にするのがいいと言われます。

高カカオチョコレート(カカオ70%以上)で言うと、1日25g~30gくらいが適量となります。

高カカオチョコレートは小さい袋に包装されていることも多いですよね。これを基準に考えると3袋から5袋を食べるというのが分かりやすい目安になります。(グラム数などを確認してね^^)


高カカオチョコレートは糖分が少ない一方、脂質は比較的高めです。

また高カカオチョコレートを食べる際注意するべきなのはカフェインです。一般のチョコレートよりも多めにカフェインが含まれているケースが多いです。

チョコレートはおやつとしてついついたくさん食べてしまいがちなものですし、量については気を付けたいところです。

高カカオチョコレートはいつ食べるのが良い?タイミングは

高カカオチョコレートを1日のうちどんなタイミングで摂取したらよいのか?ですが、いつ食べるのが効果的なのか大体の目安があると分かりやすいですよね。

高カカオチョコレートの有効成分であるポリフェノールは体外に排出されるまでの時間がそれほど長くないんです。

そのため1日分を何回かに分けて摂取するのが良いでしょう。

例として午前・昼~午後・夕方に分けるというのがオススメです。

午前には頭の働きをよくするため、昼~午後にはおやつとして、夕方には1日の疲労をとるためです。

これだと食べ過ぎを避けることができるし、一定時間に偏らないですよね。

それとカフェインが含まれているということを考えると夜の遅すぎる時間帯は避けた方が無難でしょう。


カカオで摂取することが出来る成分のうち健康のために効果があるのは主にポリフェノールで、高血圧対策や動脈硬化防止などの効果が期待できるとされます。

タイミング良く食べることで、この部分にもアプローチできるといいですよね^^

スポンサーリンク

高カカオチョコレートは便秘解消に効くってほんと?

高カカオチョコレート 1日 摂取量

高カカオチョコレートの健康効果として有名な成分はポリフェノールです。

でも健康への効果としては他にも重要な成分があります。

それはカカオプロテイン食物繊維なのですが、これらは便秘解消に役立つことがあります。

カカオプロテインは腸内の善玉細菌を活性化させる物質で整腸作用があると言われ、実際に適量の高カカオチョコレートを一定期間食べ続けた人は普通のチョコレートを食べた人に比べて排便回数が増えたという報告も確認されています。

食物繊維は言わずもがな…ですね^^


その他、高カカオチョコレートのプラスの効果としては美肌効果なんかも挙げられます。

ポリフェノールには抗酸化作用がありシミやしわなどができるのを防いだり、日光による肌へのダメージを修復したりする効果があるんです。

まとめ

高カカオチョコレートの1日の摂取量や食べるのに良いタイミングについてお伝えしました。

カカオ成分が約70%の場合、1日に25~30gが適量です。

1日のうちで何回かに分けて食べましょう。

また、健康効果としはポリフェノール以外にも、便秘改善に役立つ食物繊維とカカオプロテインという成分がありましたね。


ただ、どんな健康食品でも同じだと思いますが偏った摂取の仕方は良くないですし、高カカオチョコレートを摂取するだけでなく規則正しい生活や適度な運動をすることによって健康への効果も大きくなります。

高カカオチョコレートを薬のように捉えるのではなく、プラス要素のあるおいしいお菓子と考えるくらいが良いですね^^

選択肢としてもカカオ成分が70%から90%を超えるものまでさまざまです。

自分に合ったものを見付けて美味しく楽しく付き合っていきましょう♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする