市販の焼きそばを美味しく作る方法は?3つのことをやるだけ!

焼きそば

みんなが大好きな焼きそば!

美味しいですよね。私も大好きです^^

スーパーであの3食入りの焼きそばを買っていると思います。

焼きそばを作るときは袋の裏に書いてある方法そのままで作っていますか?

その方法でも美味しいことは美味しいんですが、もっと美味しく作る方法があります。

焼きそば専門店の店長さんがテレビで紹介していた3つのポイントを押さえるだけ!

しかも簡単なことばかり。

焼きそば好きは必見です。

スポンサーリンク

市販の焼きそばを美味しく作る方法は?

市販の焼きそばを美味しく作る3つのポイントをチェックしましょう!

3つの中には「もうすでにやってるよ」という方法もあるかもしれません。

もし3つ全てやってる人がいたらスゴイです。そんな人には価値のない情報なのでごめんなさい^^;

市販の焼きそばを美味しく作る方法1

焼きそばを作るとき、フライパンに麺を入れたあと水を入れてほぐしますよね。

でも中々うまくほぐれないことありませんか?

そこでオススメの方法が、電子レンジでチンするというもの。

・袋の口を少し開けて、500wで20秒チン

これでほぐれやすくなります。

この方法は以前に何回が紹介されていたので、私も知ってました。

でもちょっと違う方法でやっちゃってました^^;

袋から麺を取り出してからチンしていたので、思ったようにほぐれなかったんですよね。

袋のままチンすることで全体が少し蒸されるというがポイントになります。

市販の焼きそばを美味しく作る方法2

粉末ソースはいつ入れてますか?

フライパンで麺や具材を炒めて、最後に粉末ソースを入れて味付けするのが一般的かと思います。

でもオススメの方法は全く違います。

それは

・炒める前に、麺だけにソースを絡めておく

という方法。

ボウルなどを用意し、先ほどチンして軽くほぐした麺と粉末ソースを入れて先に絡めておくんです。

こうすることで、味がぼやけない焼きそばに仕上がります。


この方法は初めて知りました。

ソースを無駄なく麺に絡めるという意味でも良さそうですね。

スポンサーリンク

市販の焼きそばを美味しく作る方法3

焼きそばを作るときはキャベツやもやしといった野菜入れると思います。

野菜を炒めるタイミングはいつでしょう?

火を通そうと思って、麺より先に炒めることがあるんじゃないでしょうか。

オススメの方法は、

・野菜は最後に入れてサッと炒める

です。

先に野菜を入れてしまうと長い時間炒めることになってしまい、野菜から水分が出てきます。

するとベチャっとした焼きそばになってしまいます。

経験ないでしょうか。

そして、ベチャッとしないように水分を飛ばそうと思いさらに炒めると、炒め過ぎで焼きそば自体がマズくなるんですよね^^;

そうならないように、野菜は最後にサッと炒めるだけ。

調理時間も短く済むし、いいですよね。

私は料理で何かを炒めるときにやたら長時間炒めてしまうくせがあるので、先に野菜入れるのやめ始めたんですよね。

正解だったんですね^^

まとめ

以上が、市販の焼きそばを美味しく作る方法となります。

・袋の口を少し開けて、500wで20秒チン

・炒める前に、麺だけにソースを絡めておく

・野菜は最後に入れてサッと炒める

これでベチャッとせず、味のしっかりした、お店で食べるような美味しい焼きそばが出来上がります!

個人的に驚いたポイントは2つ目の「・炒める前に、麺だけにソースを絡めておく」でした。

明日以降、焼きそばを作る際はぜひ試してみてください♪

【おすすめ記事】
もやしが長持ちする保存方法!冷凍保存がいい?

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする