さんまの骨の取り方!キレイに取れば人に見られても安心?




さんまを上手に食べれてますか?

骨を取るのって少し難しいですよね。

ちょっとしたコツが分かっていないとキレイに骨を取るのは難しいです。

さんま(魚)の食べ方が汚くて「あ、この人食べ方汚い」って思われるのもイヤですよね。

キレイに骨を取ることができれば気持ちよく食すことができます^^

そこで今回は、さんまの骨の取り方を紹介(記録)していきます。

あと、鮮度の良いサンマの見分け方と生臭さを解消する方法も。

スポンサーリンク

さんまの骨の取り方

魚の骨ってやっかいです。

一番イヤなのが喉に引っかかること。あれは辛いです。

鯛の骨が引っかかったときは地獄でした(笑)

さんまも結構骨がやっかいです。(鯛みたいに頑丈ではないけれど)

小骨が多いと食べるのが面倒になってきますし。


さんまの骨の取り方…その方法は、

1.焼く前に、腹から中骨まで切れ目を入れます。
サンマ 骨 取り方

2.焼いたサンマの背と腹を揉みます。
骨から身を剥がすわけですね。
サンマ 骨 取り方

3.頭(切れ目)から骨を持って、ゆっくり引き抜きます
サンマ 骨 取り方

中骨が気持ちよく取り出せます♪

これならキレイに食べられそうですよね。

こちらも参考まで。サンマをキレイに食べる方法です。
サンマをキレイに食べる方法は…これで印象も悪くならない!

スポンサーリンク

鮮度の良いサンマの見分け方

鮮度の良いサンマは、尻尾の方を持って上を向けると立つそうです。

鮮度が悪いとクタっと倒れる。

こういう感じ↓
サンマ 骨 取り方


でも、たぶんスーパーのサンマは立たないと思います。

鮮度にこだわってるとかなら別ですが。

まぁ、スーパーで売ってるサンマの尻尾を持って確かめることはないでしょうけど(笑)

さんまの生臭さを解消するには?

生臭さを解消する方法。

それは「湯煮」です。

文字通り湯で煮ること。


沸騰したお湯に塩と魚醤を入れます。

そこにサンマを丸ごと入れて、とろ火で5分煮ます。

サンマ 骨 取り方

これだけ。

生臭さを消すだけでなく、脂を落とし過ぎずしっとり柔らかく仕上がるそうです。

こうすると冷蔵庫でも保存できるので、味を変えたりしてバリエーションを増やせたりもします。

ニオイがイヤだから料理しないという人は、これがオススメですね。

スポンサーリンク

さいごに

・サンマの骨の取り方

・鮮度の良いサンマの見分け方

・生臭さを解消する方法

をチェック&記録しました。

魚は頭にも良いって有名です(DHAですね)。

今まで食卓に出さなかった人(出ていなかった家庭)もチャレンジしてみてください。

子供がいる家庭なら、子供の頭が良くなると思えばチャレンジのしがいもあります♪

もちろん自分のためにもなりますしね^^

【関連記事】
サンマをキレイに食べる方法は…これで印象も悪くならない!

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする