トマトの栄養をムダにしないおすすめの保存方法とは?

トマト美味しいですよね。

トマトが嫌いって人は、中身が嫌いっていうことが多いです。(私の経験上)

まぁ、私は「超うまい!大好き!」という程ではないですが栄養豊富で体に良いという意味を含めて、好きです。

どうせ食べるなら効率よく食べたい…ということで、ここではトマトの栄養をムダにしない方法をチェックします。

スポンサーリンク

トマトの栄養をムダにしない方法

夏野菜 種類 トマト

赤色が鮮やかなものほど、美味しいというトマト。

この赤色がリコピンという栄養成分で、抗酸化作用があって、肌や血管の老化防止が期待できると言われています。


スーパーで買ってきたトマトは冷蔵庫に入れて保存していると思いますが、トマトって寒さに弱いです。(元々は南米が原産で、寒い場所は苦手)

なので、赤い良いトマトを選んでも冷蔵庫に入れると60%もリコピンがダウンしてしまいます。

(5℃以下で保存すると、リコピンが約60%減)

トマトの栄養をムダにしない保存方法

風通しのよい日陰で常温保存がオススメ。

常温に置くことで上の部分までしっかり赤くなった状態(追熟して完熟状態に)になり、その状態が栄養も一番豊富な食べごろです。

さらに、ヘタを下向きにしておくとグッド。

トマトはヘタの部分で呼吸するので、ヘタを下向きにすると呼吸がゆっくりになって長持ちします。

冷たいトマトが食べたいときは食べる直前に冷やせばOKです。


他に、トマト以外で常温保存がオススメの野菜はナス・キュウリ・サツマイモ・サトイモなどです。

関連

食材の栄養をムダにしない方法などをチェックしたものです。ご参考まで。

リンゴの栄養をムダにしない切り方・食べ方

ピーマンなどの野菜の栄養をムダにしない切り方・食べ方

キノコの栄養をムダにせず摂れて、うま味を増加させる超簡単な方法

ナスに栄養がないというのは嘘だった?

さいごに

トマトは冷蔵庫に入れるんじゃなくて、常温保存にすると栄養をムダにせず美味しく食べれるんですね。

でも、夏場だと常温保存って不安になりますね。

世のほとんどの家庭が冷蔵保存してると思います。

今まで当たり前にやってきた保存方法を変えるのって結構難しいです。(習慣的に)

無意識で冷蔵庫に入れてしまうと思います^^;

トマトを買ってきた時は、なんとか思い出してみてください(笑)

【関連記事】
ミニトマトと普通のトマトに栄養価の違いはある?どっちがいいの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする