もやしの長持ち保存方法!冷蔵?冷凍?方法によっては栄養が減る?

もやし 長持ち 保存方法 栄養

もやしの保存に悩んでませんか?

ラーメンや焼きそばに入れたり、野菜炒めに入れたりと活躍してくれる場は多いんですけど、日持ちしない・すぐ傷むので早く使いきらないとと思っている方も多いと思います。

一回で使い切れなくて、後日使おうとした際には黒く変色してしまっている。なんて経験が今まで何度もありませんか?(私は何度もありますよ 笑)

そこで今回は、もやしを長持ちさせる保存方法をチェックしていきます。また、保存方法による栄養の変化についても見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

もやしの長持ち保存方法

冷蔵の場合

もやしを長持ちさせる保存方法は、「水に浸ける」ことです。

そのまま冷蔵庫で保存した場合、通常2~3日で傷んできますが、水に浸しておくと1週間経ってもシャキシャキの状態を保ってくれます。

もやしは空気に触れることで細菌が増えて傷みやすくなります。水に浸けることでそれを防ぐということです。

タッパーなどの容器に、水ともやしを入れて冷蔵庫で保存しましょう。

もやし 長持ち 保存方法

ただし、注意点があります。それは水の交換です。2日に1度くらい水を替えましょう。また、野菜室に入れるより温度が低めの冷蔵室に入れた方がよいです。

冷凍の場合

もう一つは冷凍です。

袋を開ける前(使う機会がまだ先)なら、そのまま冷凍室にinです。保存期間は2~3週間を目安にしましょう。とはいえ、なるべく早く食べましょうね。

使いかけのもやしなら、洗って水気を切り、冷凍用保存袋に入れて空気を抜いて保存

他には、もやしをシャキシャキ感が残る程度に茹でて、その後ざるなどに出して水で冷まして水気をしぼります(手でOK)。ラップに小分けしてジップ付きの冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存する。(簡単に言えば、茹でたあと冷凍庫で保存)



なんて方法もありますが、面倒くさすぎますよね。

開封したら即冷凍庫へinしてOKです(笑)

おそらくですが、冷凍保存する人は少ないんじゃないでしょうか。「水に浸けて冷蔵庫へ」という方法が優秀なので。

ちなみに、冷凍したもやしを調理する際は、解凍せずそのまま使った方がいいです。解凍するとべちゃっとします。

スポンサーリンク

もやしの栄養とその変化

もやしの栄養を簡単にチェック!

もやしには栄養がないと思っていませんか?めっちゃあるとは言いませんが、ちゃんとあるんですよ(笑)
低カロリーで健康に役立つ様々な栄養素を含んでいるのでGOODです。

・ビタミンC
・ビタミンB群
・カリウム(血圧を下げる、塩分排出)
・葉酸
・食物繊維
・アスパラギン酸(疲労回復)

などなど。

なるべく栄養が多い方がいいという方は、大豆もやしがおすすめです。豆がついてるやつです。カリウム・カルシウム・マグネシウム・葉酸などは2~3倍多いです。あと、必須アミノ酸も多いです。

もやしの栄養 大豆もやし

栄養面なら大豆もやしが優れていますね。

変化

ビタミン類は熱に弱いので、加熱しすぎると栄養が減っちゃいます。調理するときは最後にシャっと炒める程度がよいです。(蒸すのがおすすめ)

あと、ビタミンCは水溶性なので「水に浸ける」保存方法をすれば、当然溶け出してしまいます。

この保存方法をした場合、ビタミンCへの期待は捨てましょう(笑)

さいごに

ベストの保存方法は、「水に浸けて冷蔵庫へ」です。水の交換を忘れないようにしてくださいね。

もやしは
・安い
・ヘルシー
・ダイエットにもいい
・食感がいい

でも栄養には期待していなかったという人も多いんじゃないでしょうか。

意外と栄養があるので、たくさん食べていきたいですね♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする