カツレツのレツとはどういう意味?オムレツのレツも同じ?

カツレツのレツの意味

カツレツの「レツ」ってどういう意味なんでしょう?

知ってる言葉だけど、よく考えたら意味が分かってない言葉ってありますよね。

そもそもカツレツと聞いて、どんな物を想像しますか?私はあまりピンと来ないです。「とんかつみたいなもの…かな?」という感じです(笑)

定義が分かっていません。

あと、オムレツのレツも同じ意味合いなんでしょうか。

そこでこの記事では、
・カツレツのレツってどういう意味?
・オムレツのレツも同様?
・カツレツととんかつの違いは?

といったことについて、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

カツレツのレツってどういう意味?

カツレツは、フランス語の cotelette(コートレット)が語源のようです。
cotelette(コートレット)は、仔牛・羊・豚の骨付き背肉。またはその料理。

英語表記だとcutlet(カットレット)で、日本語として認知される際にカツレツになりました。(日本語風になまった)

カタカナで書くと、コートレット → カットレット → カツレツ

そのフランス語のcotelette(コートレット)は、古代フランス語ではcosteletteで、「coste(あばら肉)」に「-ette(小さな)」が付いて「costelette(小さなあばら肉)」だそうです。

つまり、元をたどれば、カツレツの「レツ」には「小さい」という意味合いがあるということですね。

オムレツのレツも同じ?

オムレツは、

フランス語で、omelette(オムレット)。
英語で、omelet(オムレット)。

英語のlet(レット)やフランス語のletteは、古代フランス語あるいはラテン語が原語で、「小さなもの」という意味があるらしいので、

オムレツの「レツ」もカツレツと同じく「小さい」という意味が含まれているようです。

英語のオムレツ(omelet)は、ラテン語の小さな皿の意味から来ているそう。一人前に調理された小さな卵料理の意味。

ただ、そうではなくて、
フランス語の「alemelle(ナイフの刃)」→「alemette」→「omelette」と変化したものだという話も。
薄焼きの玉子を二つ折りにした料理が、ナイフの刃のように見えたことからきているとか

諸説ある…ということでしょうかね。

カツレツととんかつの違いは?

カツレツととんかつの違いってわかりますか?
私は調べるまで分からなかったです。

フランス料理では油の中で揚げるという調理法はないそうなので、ここが大きな違いになります。

・カツレツは、焼く(油を引いてフライパンで焼く)
・とんかつは、揚げる

あと、
カツレツと言うと、牛肉はビーフカツレツ、豚肉はポークカツレツ、鶏肉はチキンカツレツなどがあります。

なので、カツレツは、牛肉・豚肉・鶏肉などに細かいパン粉をつけ炒め焼きする料理。
一方、とんかつは、豚肉に小麦粉、溶き卵、パン粉をまぶして衣をつけて油で揚げた料理。
となります。

つまり、

・焼くと揚げるの違い
・肉の種類

に違いがあります。

とんかつは、カツレツをヒントにした、日本独特の料理なんですね。

スポンサーリンク

オムレツのオムって?

日本語のオムレツをずっとさかのぼって行くと、ラテン語のlamella(ラーメラ)という単語に行きつくようです。

ラテン語のlamella(ラーメラ)

古期フランス語で、lemelle(レメッレ)

alemelle(アレメッル):意味は「薄い板」。薄く板状に焼いた玉子料理を昔のフランス人が名づけたものが起源。

alemette(アレメット)

amelette(アメレット)

フランス語の omelette(オムレット)

オムレツ

始めにあるラテン語 lamella(ラーメラ) は、
lamina(ラーミナ)「薄い板」の語幹である lame- に「小さい」を表す -lla がついたものだそう。

オムレツの元としては、lamella(ラーメラ)はさかのぼり過ぎで、alemelle(アレメッル)が元と言えます。(玉子という意味合い的に)

元々のオムレツは、薄焼き玉子ということですね。

こういう流れがあるということなので、オムレツのオムって何?って聞かれると、答えるのは難しいですね。

「オム」単独では考えられないのかもしれません。

さいごに

カツレツの「レツ」には「小さい」という意味合いがあるということが分かりました。

カツレツやオムレツって、とても身近な言葉ですけど、調べてみると全然知らないことがたくさんありました。

このような言葉は他にもたくさんあると思うので、ちょっと知っておくと面白いかもしれませんね♪

ただ、起源などの話になると、いろんな意見が出てくるので「絶対に正しい」とは言えません。そこは注意が必要ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする