マダニに噛まれたら取り方に注意!安全な取り方は?

マダニ 安全な取り方

またマダニが話題になってました。

野良猫に噛まれた女性が亡くなったと。(その野良猫はマダニに噛まれて感染症になっていた)

ダニ媒介の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、哺乳類を介して人が死亡したことが判明したのは世界で初めて。

ということなんですが、

直接マダニに噛まれたわけじゃなくても、こんな危険があるんですね。
(そうとうレアなケースなんでしょうけど)

ここでは、マダニに噛まれた時の取り方についてお伝えします。

スポンサーリンク

マダニ

マダニは血を吸うダニです。

哺乳類から発せられる二酸化炭素の匂いや体温、体臭、物理的振動などに反応して、草の上などから生物の上に飛び降り吸血行為を行う。

とのこと。

さらに、

マダニの吸血時間は極めて長く、雌成虫の場合は6~10日に達する。この間に約1mlに及ぶ大量の血液を吸血することができる。

ともありました。

感染症の危険性もあって、最悪の場合、死に至ることもあるとのことなので注意したいですね。

マダニに噛まれたら取り方に注意!

マダニに噛まれたら、おそらくある程度血を吸われて大きくなってから気付く可能性が高いです。

その時の取り方ですが、無理やり取るのは止めておきましょう。

マダニは刺すのではなく噛みつくので、ガッツリ体にくっついている状態です。

これを無理に引っ張ると、マダニの口先が皮膚に残ることがあります。

感染症や炎症の原因になるので、力任せはNG!

安全な取り方

じゃあ、どうやって取ればいいの?ということですが、いくつか取り方があるようなので調べてみました。

・エタノール(アルコール)を脱脂綿につけて、マダニに被せる
・殺虫剤や虫よけスプレーなどを綿棒につけて、マダニに塗る
・噛みついている部分にワセリンを塗る

あとは、酢が効くという情報もありました。

ただ、感染症、傷口のチェックなどをするためにも、一番いいのは皮膚科で見てもらうことです。

子供が噛まれた場合は特にですよね。

さいごに

草むら、山などに入るときは、あまり肌を出さない服装がいいでしょう。

虫よけスプレーも効果的です。

あと、子供が草むらのある公園などで遊んだあとは、体をチェックしてあげて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする