5秒筋トレのやり方【世界一受けたい授業】 内臓脂肪を減らす!

5秒筋トレ 世界一受けたい授業

筋トレしてますか?

私は相変わらずやったりやらなかったりで、中途半端な感じです^^;

筋トレはなかなか続けられません…

たぶん同じような人は多いんじゃないでしょうか。

でも今回は、5秒でできる筋トレ「5秒筋トレ」を世界一受けたい授業で紹介していたので、これをチェックして実践すれば筋トレが継続&成果が出るかもしれません。

なんたって5秒ですから^^

(5秒で終わるわけではなくて5秒を何度も繰り返すんですけどね)

内臓脂肪を減らしてウエストを引き締めましょう。履けなくなったパンツ(ズボン)も履けるようになるかも。

スポンサーリンク

5秒筋トレのやり方(ポイント)

最初に、5秒筋トレをやる上で大切なポイントを抑えておきます。

ポイント1
・頭の中でイメージする

例えば、5秒腹筋ならお腹で空き缶を潰すイメージ

イメージしながら5秒間負荷をかけるだけで一般的な腹筋運動の5倍以上の運動量が期待できます。

ポイント2
筋肉に話しかける

意識が筋肉に集中して効果がアップします。

慣れないと1人でやってても恥ずかしいですね(笑)

ポイント3
・呼吸を意識する

呼吸を意識すると自分の力をフルに活用できて、より5秒筋トレの効果がアップします。

呼吸の仕方は逆腹式呼吸です。

逆腹式呼吸とは
・息を吸う時におなかを引っ込める
・息を吐く時におなかを膨らませる

というもの。

この逆腹式呼吸を行うことで交感神経が優位になって、精神を緊張・興奮させる効果があるそうです。


では、5秒筋トレのやり方を見ていきましょう!

5秒筋トレ 腹斜筋を鍛える

腹斜筋は日常生活であまり使わない筋肉なので余分な脂肪がつきやすいところ。

やり方

・足を肩幅にひらいて、膝を曲げながら体を少し前に倒します。

・片手を軽く握り口元へ。

・反対の手は地面を指さします。

・この状態から、息を吸いながら上体をひねって上を指差したら5秒間息を吐き出します。

5秒筋トレ 世界一受けたい授業

息を吐く時は腹斜筋を押しつぶすイメージで。

左右ともに10回で1セット。1日3セットが目安。

5秒筋トレ 腹直筋・腹横筋を鍛える

腹直筋はシックスパックと言われる部分。腹横筋はインナーマッスル(ここが弱るとビール腹になる)。

やり方
・背筋を伸ばして真っ直ぐ立ちます。

・親指でおへその横左右3cmのところを押さえながら、息を深吸い込みます。

・吸い込んだ息をフゥーッフゥーッと分けて吐きながら5秒間、お腹を親指で押し返します。

5秒筋トレ 世界一受けたい授業

風船を膨らませるように強く息を吐き出すイメージで。

これは、1日3回が目安。

5秒筋トレ 腸腰筋を鍛える

腸腰筋が弱くなると姿勢が悪くなって脂肪がつきやすくなります。

やり方
・まず仰向けに寝ます。

・拳を重ねてその上に頭を乗せます。続いて、左足のつま先の上に右足を乗せます。この状態からスタート。

・息をフゥーッフゥーッと吐きながら左足を右足の上に、右足を左足の上に…と交互に上げていきます。

・5秒で5歩進めていく。(フゥーッと吐きながら1歩、フゥーッと吐きながら1歩)

・天井まで達したら息を吸います。

・そしたら同じように息をフゥーッフゥーッと吐きながら足を交互に下げていきます。

5秒筋トレ 世界一受けたい授業

お腹の上に熱湯が入った器を乗せるイメージで、熱湯をこぼさないようにしながら上体をひねらずに足を入れ替えましょう(軸がぶれないように)。

10往復で1セット。1日2セットが目安。

これ結構キツイですよ^^;

スポンサーリンク

さいごに(まとめ)

話題の5秒筋トレについてお伝えしました。

一番重要なポイントは逆腹式呼吸をすること

逆腹式呼吸をマスターすると基礎代謝も上がります。

内蔵脂肪は皮下脂肪よりつきやすいですが、落としやすい脂肪でもあります。

この5秒筋トレを2週間本気でやってみてください!


ちなみに、以前「5秒腹筋」というのも同番組で紹介していました。

これも備忘録として記事があるので参考にしてみてください。
5秒腹筋のやり方 1分で50回分の効果?世界一受けたい授業にて

【関連記事】
体を柔らかくする方法(ストレッチ)なら短期間で開脚できるようになる?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする