リブラとは何か、その目的を簡単に説明!ただの仮想通貨ではない?

支払い

リブラという仮想通貨が話題になってました。

フェイスブックが計画する新しい仮想通貨、それがリブラです。

仮想通貨って何だか難しい印象があって、とっつきにくいって思いませんか?

私は正直、よく理解していません。

最近、リブラについて「リブラとは何か」「その目的とは」といった話を聞いたので備忘録として残しておきたいと思います。

すぐ忘れちゃうので^^;

スポンサーリンク

リブラとは何?

リブラとは、簡単に言うと

フェイスブックという世界で約27億人のユーザーがいるところが先導してお金を発行する、その新しいお金の単位。

で、

フェイスブックが2020年には発行したいと言ったら、世界中の国が「通貨を発行するのは国家の役割で、民間企業が金なんか発行してどうすんだ」と大騒ぎになっている。

でも、リブラにはビザカード、マスターカード、音楽配信会社のスポティファイ、ウーバーなどの最新企業が名乗りを挙げていて、20社くらいで一つの組織を作って通貨を発行しましょう、と。


その特徴と問題点。

特徴

・円やドルといった法定通貨と一定比率で交換できるため価格に安定性がある

・インターネット上での送金や決済が定額で可能になる

問題点

・フェイスブックは約27億人のユーザーを持つため普及が急速に進み、法定通貨の存在を脅かす恐れがある

・マネーロンダリンクや脱税に利用されるリスクがある

フェイスブックって27億人もユーザーがいるんですね。

日本ではあまり使われなくなってるイメージがありますが、狭い世界だけ見てると分かんないですね。

リブラ発行の目的とは

フェイスブック側の意見としては、

通常の仮想通貨というのは実態のないものなので、投機目的で上がったり下がったりしますけど、これは1リブラ=1ドル=100円=1ユーロというのと同じ価値を与えるので、リブラの発行が既存通貨の発行を上回ることはない。

リブラに必ず既存通貨の裏付けがあるので既存通貨の価値と変動することもない。

単なる交換手段なので、各国の金融当局に影響はない。ただし、途上国のようなその国の通貨が信用できないようなところに関しては、爆発的に普及して通貨の代わりになるかもしれない。

でも、基軸通貨を脅かすようなことはありませんよ。

というもの。

建前ですが。

リブラが普及すると困るところがある

・他に仮想通貨はたくさんあって、これは新しいものではない。

・一番恐れているのは通貨当局。フェイスブックが中央銀行になってしまう。

・銀行業界も当然反対。決済が自動的にできるようになったら困る。

つまり、取って代わられるとマズイということですね。

リブラが本格的に全世界に普及し始めたら、フェイスブック帝国ができる可能性もある。

GAFAはそれくらい大きな力がある。

という話も。

GAFA(ガーファ):アメリカ合衆国に本拠を置く、Google、Amazon.com、Facebook、Apple Inc. の4つの主要IT企業の頭文字を取って総称する呼称。


ただ、

リブラに反対する人は多いけれども、

フェイスブックではなく、中国が元(げん)をベースにして同じような通貨を発行して全世界で流通させられるよりはマシ。

だからリブラの発行は止められない。

とも。

たしかに中国よりはマシって思えてきますね^^;

スポンサーリンク

リブラの意味は

リブラの語源は「天秤」。

イギリスの通貨はポンドなのに、略称が「L」。ポンドは「Lb」と書く

それは、ポンドの語源になってるのがリブラだから。

フェイスブックは、全世界の通貨の根源のような言葉を出してきて、これを新しい通貨の名前にするという…名前自体が世界戦略になっている。


知らないと絶対に分からないし、面白い話ですね^^

リブラについて:まとめ

リブラはフェイスブックが計画する新しい仮想通貨。

発行したい
・通常の仮想通貨は実態のないものだけどリブラはそうではないし、既存通貨を脅かすこともない。(建前上は)

発行されたくない
・ユーザーがとっても多いフェイスブックにそんなことをされると困る

発行したい側と発行されたくない側の思惑があるんですね。

少しだけですがリブラのことを学べました^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする