大人の粉ミルクは体に良いの?牛乳との違いは?効果や成分は?

大人の粉ミルクというものが話題になってました。

粉ミルクといえば赤ちゃんのためのものですが大人でも飲んでる人がいるということがわかって、大人の粉ミルクが開発・販売されるに至ったらしいです。

飲んでる人っていうのは、女性シニア層のごく一部の人たち。
(アンケートによると女性シニア層の2%とか)

主な理由は「赤ちゃんに与えるものだから体に良さそう」「栄養バランスが良さそう」というもの。

たしかに、そういうイメージありますね。

赤ちゃんに与えるものだから安全だろうという意識もありますし。

スポンサーリンク

大人の粉ミルクは体に良い?

大人の粉ミルク 健康 効果

まず思ったのは、「牛乳を飲めばいいのでは?」でした(笑)

似たようなもんでしょ?と。

イメージって重要ですね。

粉ミルク → 赤ちゃん → 安全・体に良い

って繋がっていきます。

大人の粉ミルクも、同様に体に良さそうと思えますもんね。

商品を売るためには「粉ミルク」である必要があるわけです^^

気になるのは成分です。

商品によって多少の違いはあると思いますが、買おうと思ってる「大人の粉ミルク」は人工甘味料が入ってませんか?

チェックしてみてください。

私が調べたものには入ってました。

人工甘味料が気にならない人はいいと思いますが、私は結構気になってしまうので残念ながらこの時点で買うことはないと思います。

それ以外は、よくある栄養補助食品って感じです。

大人の粉ミルク 健康 効果

大人の粉ミルク 健康 効果

大人の粉ミルク 健康 効果

大人用にすることで、体に良くないものになってる気がしてイヤです。

さらに、商品によっては抹茶ミルクとかポタージュといった味もあるようです。

いろんな味があってイイですねと言いたいところですが、健康から遠ざかっている感じがしてなんとも…。

スポンサーリンク

大人の粉ミルクと牛乳との違いは?

大人に必要な栄養素を配合してあるので牛乳と違うのは当然なんですけど、もう一つポイントがあります。

それは「乳糖」。

牛乳を飲むと、お腹が痛くなったりした経験ありませんか?

あれは「乳糖不耐」というのが原因です。

言葉の通り、乳糖に耐性が少ないということ。

人によって耐性の強さが違うので、お腹を壊したりするんですね。

でも「大人の粉ミルク」は乳糖を調整してあるので、お腹を壊す心配のある人でも大丈夫らしいです。

さいごに

大人の粉ミルクについて、また牛乳との違いについてお伝えしました。

話題になったからと言って考えなしに飛びつくのはNG。

健康のためにと思っているならなおさらです。

健康のためじゃなくて、嗜好品として楽しむならOKですね。

人工甘味料に目をつぶれば、基本的には体に良いと思うんですが、私はちょっと遠慮しておこうかな…。

人工甘味料のデメリットを凌駕する健康効果があるなら考えちゃいますけど、そんなことはなさそうですし。

他のもので健康体を目指します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする