100円玉をきれいにする方法は?錆と汚れを落としてピカピカに!

100円玉をきれいにする方法

汚い100円玉を見ると少しゲンナリしませんか?

逆に、きれいな硬貨ってちょっと眺めてられますよね。

ピカピカの硬貨を見かけたときは「お~、ピカピカや~」って、つい反応しちゃいます。

使うのを後回しにしてみたり(笑)

そこで今回は、100円玉をきれにする方法についてチェックしてみます。

前々回は1円玉、前回は10円玉でした。今回は100円玉です。

スポンサーリンク

100円玉をきれいにする方法は?

100円玉をきれいにする方法は、

・磨くこと
・酸につけること

です。

順に見ていきましょう。

研磨

100円玉をきれいにする方法の一つは研磨です。

これは主に、手垢などの汚れへのアプローチになります。(サビも削りますが)

・消しゴムでこする
・歯磨き粉をつけてブラシで磨く
・台所用中性洗剤を使って磨く
・クレンザーを使って磨く
・ピカールを使って磨く

・消しゴム

ネット上でも消しゴムできれいになるという報告がありますが、汚れの程度によっては全く効果が見られないこともあります(特に錆には期待できない)。

普通のプラスチック消しゴムでは「腕が疲れるだけ」という結果になるかもしれません^^;

消しゴムなら砂消しの方が効果が高いでしょう。


・歯磨き粉(歯ブラシ)

ブラシが細かい分、消しゴムよりは細部まで磨けます。

歯磨き粉には研磨剤が含まれているので、ある程度期待ができます。

もちろん「腕が疲れる」ことは避けられないです(笑)


・中性洗剤

中性洗剤は研磨剤ではないですが「汚れを落とす」一定の効果はあります。

ただ、頑固な汚れには太刀打ちできないかも…。


・クレンザー

クレンザーは「研磨剤の入った洗剤」です。

たわしやスポンジなどでこすって磨きましょう。

光沢を取り戻すことも可能です。


・ピカール

「入手しやすい」かつ「強力」で、よくおすすめされているのはピカールです。

ピカール

ピカピカにしたいなら、これが一番いいと思います。

ただ、どの家庭にもあるものではないので購入する必要があります。

「そこまでする気はない」なら、クレンザーを試してみましょう。

100円玉をきれいにする方法、もう一つは酸です。

これは主に錆(さび)へのアプローチになります。


酸といえばお酢ですね。

・酢に30分くらい浸ける

10円玉をきれいにする方法」の記事を見てもらうとよく分かると思いますが、酢ではなくクエン酸でもOKです。

(酢よりクエン酸の方がおすすめ)

動画がありました↓


他に、重曹やタバスコなどを試している人もいます。

ただ、重曹だと逆に黒ずんでしまったとか、タバスコだと光沢がなくなってしまったという報告もあるので注意してください。


ということで、

100円玉をきれいにするなら「磨く」か「酸性溶液に浸ける」か、もしくはその両方を試してみてください^^

硬貨の変造は違法?

100円玉に限らず、硬貨は変造してはいけません。

変造は違法なので犯罪になります。

が、

磨いたくらいでは犯罪にはなりません。

磨いて磨いて磨きまくって、刻印がなくなるとか形状が変化したとかそういうレベルになるとアウトです。

そんなことをする人はいないと思いますが(笑)

私達が硬貨をピカピカにきれいにしたくて磨く程度は何の問題もないので、心配せずにキレイにしてください。

スポンサーリンク

レアな100円玉

役に立たないおまけ情報です^^

100円玉の製造数が最も少ない年は、2001年(平成13年)約800万枚

もし持っていたら、ちょっとレア…かなりレア?かもしれません(流通量的に)。

ちなみに、2018年(平成30年)の100円玉製造数は5億3千7百万枚です。

すごい差ですね。

さいごに(まとめ)

100円玉をきれいにする方法をチェックしました。

基本的には10円玉と同じです。

磨く
・消しゴムでこする
・歯磨き粉をつけてブラシで磨く
・台所用中性洗剤を使って磨く
・クレンザーを使って磨く
・ピカールを使って磨く

か、

お酢などの酸性溶液に浸ける

たいていの家庭にあるもので効果が高いものは、やっぱりお酢かな。


これら以外の手段としては、
・ATMに入金する
・銀行の窓口で交換してもらう
があります。

簡単なのはATMですね^^

(硬貨を扱っていないATMや、硬貨の出金ができないATMもあります)

【関連記事】
1円玉をきれいにする方法は?汚れを落としてピカピカに!
10円玉をきれいにする方法は?汚れや錆を落としてピカピカに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする