カメムシの寿命ってどれくらい?発生時期以外はどこで何してる?

カメムシ 寿命

カメムシの寿命ってどれくらいなんでしょう?

毎年必ず見かける虫ですが、どんな生態かよく知りません。

なので寿命も想像ができないです。

そういえばカメムシの発生時期はいつでしたっけ?

冬はいないから春以降…ですよね。

発生時期以外はどこで何をしているんでしょう?

ということで今回は、カメムシの寿命を生態も含めてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

カメムシの寿命は?

カメムシと言ってもたくさんの種類がいます。

「カメムシ」は総称なので、厳密に言えばカメムシという昆虫はいません。

が、

私達が言うカメムシとは、たいていクサギカメムシアオクサカメムシのことです。

↓クサギカメムシ
カメムシ 寿命

↓アオクサカメムシ
カメムシ 寿命

この一番メジャーである(だろう)クサギカメムシの寿命は、

約1年です。

アオクサカメムシも同様。


生態とともに見てみます。

カメムシは暖かい時期になると活動し始めます。

4月頃からですね。餌を探して草木の中を動き回っています。

梅雨頃になると繁殖のために交尾&出産をします(葉っぱの裏側などに20~30個くらいの卵を産み付ける)。

卵は1~2週間くらいで孵化し、幼体が生まれます。

幼体の頃は集団で生活をしているけれど、何度かの脱皮を繰り返して成虫になり単独で動き始めます。

成虫になったカメムシは、これから来る冬に向けて準備をします(越冬準備ですね)。

寒い時期にじっとして動かないカメムシを見たことがあるんじゃないでしょうか。

私はそんなカメムシを見かけたら優しく見守る……わけもなく、駆除します(ごめんね)

そして無事に越冬できたカメムシは、暖かい気候になってくると餌を探して動き始め、時期がくると産卵します。

産卵を終えたカメムシは子孫を残すという使命を終えて寿命を迎えます。

約1年というサイクルで世代交代しているわけですね。

スポンサーリンク

カメムシって発生時期以外は何をしてる?

上述を見るとわかるようにカメムシは年中存在しているわけですが、カメムシの活動が活発になる時期を発生時期とすると、

それは春から夏になります。


でも秋に見かけることも多くありませんか?

それは、場所を求めているからです。

先程言った通り、冬は越冬のために動かずに活動を停止しています。

で、そのために待機する場所を探す時期が秋というわけです。

隙間、割れ目、日当たりの良い場所などを求めて飛んできます。

だから家の中に入ってくるんですね(屋根裏や外壁にもいます)。

迷惑ですね。

となると、カメムシの活動時期は春と夏に加えて「秋」もですね(笑)

カメムシを家に入れないためには?

できるだけ家の中に入れたくないカメムシですが、100%侵入不可にするのはなかなか難しいです。

侵入経路はあらゆる「隙間」です。

(換気扇、エアコンの穴、屋根裏、外壁の隙間、通気口などなど)

カメムシは、2mmほどの隙間があれば入ってきてしまうと言われています。

いやいや、カメムシのサイズ的に2mmは無理でしょ」って思いますが、無理やり体をねじ込んでくるんだとか…恐怖ですね。

とにかく、まずは隙間をなくすことが重要です。

スポンサーリンク

カメムシを捕獲せよ

カメムシを見つけたらどうしてますか?

私がよくするのは「ガムテープにペタッとくっつけて、そ~っと包んでポイ!」です。

ただ、ガムテープの粘着力が弱いとなかなかカメムシがくっつかなくて困ることも多いです。(クラフトテープはいまいち、布テープはOK)

あるあるですね。


もう一つ有名なのがペットボトルキャッチャー。

ここまで頑張って作るのが面倒そうですが、工作も楽しんでみるという気持ちがあるといいと思います。

ペットボトルそのまま(工夫なし)でもいけます。

ひと手間加えてシンプルなものでも十分です。
カメムシ 寿命
↑これカッコいいですね。捕獲しやすそう♪

ペットボトルの口をカメムシの張り付いた壁に着けると、ぽろっとペットボトルの中に落ちてきます。逃げる時に一旦下に落ちる習性があるのを利用した捕獲方法なんだとか。

さいごに

カメムシの寿命についてお伝えしました。

カメムシ(クサギカメムシやアオクサカメムシ)の寿命は約1年

よりは長いですね。

あのニオイさえなければ「早急に駆除せねば!」という気持ちも湧いてこないんですが、ニオイのせいでG並の駆除対象になってしまってます。

もしかしたら人間相手にはあのニオイは逆効果なのかもしれません。殺意が湧くので(笑)

【関連記事】
カメムシの天敵って何?カエルや鳥は?それ以外にもいた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする