ビュッフェとバイキングの違いって?知っておくべき違いとは

ビュッフェとバイキングの違い

ビュッフェとバイキングの違いって何でしょう?

昔から、バイキング=食べ放題と認識されていたと思いますが、

最近(数年前から)は「あれはバイキングではなくビュッフェ」と聞くことがよくあります。

昔はビュッフェなんて聞いたこともなかったんですが…

なので、今私の中での認識はビュッフェ=食べ放題となっています。

バイキングと入れ替わった状態です^^

でも今度は、ビュッフェ=食べ放題ではないという話も聞きます。

そこで今回は、ビュッフェとバイキングの違いについて調べてみました。

できるだけ分かりやすくお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ビュッフェとバイキングの違いとは?

ビュッフェとバイキングの違いは、ビュッフェがどういうものか、バイキングがどういうものかを知れば自然と分かりますよね。

ビュッフェとは

ビュッフェの語源はフランス語です。

buffet

その意味は、立食形式の食事とかセルフサービス形式の食事のこと。

いくつかある料理の中から好きなものを自分で取って食べるということですね。

そこには「食べ放題」という意味は含まれていません


日本では食べ放題の場合が多いので、ビュッフェ=食べ放題と思っている人が多いというわけです(私のように)。

ちなみに、ビュッフェには食器棚とか配膳台という意味もあるそうです。シーンによって使い方が違うんですね。

バイキングとは

バイキングは和製英語です。

これは、食べ放題のことを指します。

ただし、和製英語なので海外では通じません。

本来バイキングは「(北欧の)海賊」のこと。


なぜ日本でバイキングという言葉が広まったのか、

1957年に帝国ホテルの社長(犬丸徹三さん)が、デンマークで食べ放題のサービス「スモーガスボード」をみて、これを日本に持ち込んだのが最初。

日本に戻って帝国ホテルのサービスとして、社内でそのサービスの名称を考案し、北欧に対する印象や豪快に食べる様からバイキングという言葉が使われた。

こういった経緯があるようです。

日本でバイキング=食べ放題って誰にでも通じるほどに浸透したわけですから、スゴイですよね。

スポンサーリンク

ビュッフェとバイキングの違い まとめ

ビュッフェ
・語源はフランス語
・セルフ方式で好きなものを取って、その分の料金を精算する
バイキング
・和製英語
・定額の料金を支払って好きなものを好きなだけ食べる(食べ放題)

日本でよくある食べ放題というと「バイキング」か「食べ放題ビュッフェ」というのが正確な表現となりますね。

海外で「食事はバイキングですか?」って聞いても、相手は「??」となるので気を付けましょう^^

食べ放題は英語で何て言うの?

バイキングは和製英語ということが分かりました。

では、食べ放題って英語で何て言うんでしょう?


食べ放題は英語で、

all you can eat

とのことです。

all-you-can-eat BBQ (焼き肉食べ放題)

スポンサーリンク

さいごに

ビュッフェとバイキングの違いについてお伝えしました。

今は日本でもビュッフェという言葉が認知されてきたので、バイキングと呼ぶ人は減っているようです。

でも、日本でバイキングと呼ぶのは何もおかしなことではないですよ。

ビュッフェのがオシャレな感じがするからというのもあるかもしれません。

元はフランス語だし(笑)

和製英語と聞くと(通じるのは日本だけと思うと)、ちょっと恥ずかしくなるというか抵抗感が出てくるというのもあるんじゃないでしょうか。

私のように「食べ放題はビュッフェが正しい言い方なんだ」と思い込んだ人もいるかもしれませんね^^

(まぁ、日本でビュッフェと言えば食べ放題と認識しても間違いではないでしょうけど)


ただ今後はバイキングという言葉は廃れていくのかもしれません。

少し古い言い方」というイメージがあるんですよね。なぜか。

(そんな感じないですか?)

やはりビュッフェという言葉が台頭してきたからだと思います。

でもビュッフェは正しくは食べ放題という意味ではないので、じゃあ食べ放題のことは何て言うのか…それはそのまま「食べ放題」と言うことになります。

実際、若い人はそう呼んでる傾向があるんだとか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする