ビーガンは危険なの?栄養の偏りや病気のリスクはどの程度ある?

ビーガン 危険

ビーガンとは、徹底した菜食主義の人(完全菜食主義者)のことですが、これって危険じゃないんでしょうか。

肉はもちろん、魚介、卵、乳製品や蜂蜜などを一切食べないんですから、栄養が偏るのでは?と思いますよね。

病気のリスクも気になります。

ビーガンの危険性についてチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

ビーガンは危険?(栄養について)

気になるのは「栄養が偏るのでは?」ということ。

でも実は、「肉・魚介・卵・乳製品といった動物性の食べ物から摂れる栄養素は、全て植物からも摂れる」とのこと。

えっ!?

って声出して驚きました(笑)

絶対ムリだと思っていたので。


ただ「全ての栄養は植物性の食べ物からでも摂れる」と言っても、十分に摂れるか・効率的に摂れるかどうかは別の話です。

そこには必ず偏りが出てきます。

つまり、菜食では不足しやすい栄養があるということ。


中でも特に不足しがちなのは、

ビタミンB12

です。

ビタミンB12は、動物性の食べ物(肉や魚介)に豊富に含まれていますが、植物性の食べ物にはほとんど含まれていません。

植物性の食品の中ではたった一つ、海苔だけはビタミンB12を含んでいます。

じゃあ海苔だけ食べればクリアできるかと言うと、

ビタミンB12の含有量は「ビタミンB12を生産できるバクテリアがどれだけ付着しているか」に影響されるため個体差が大きい

とのことなので、

「この海苔はバクテリアが多いな」と分かる人はいいですが、そうでない人にとって摂取量は運です(笑)

というわけで、ビタミンB12についてはサプリでの摂取がおすすめされています。


調べてみると、カルシウムや鉄、亜鉛なども不足しがちな栄養とされています。これらは意識することでビタミンB12よりはクリアしやすい栄養素です。

カルシウム
カルシウムなら、ゴマ・ひじき・わかめ・昆布などに豊富に含まれています。

カルシウムを吸収するために大切なビタミンDは、きのこ類で摂る。


鉄は、豆類(大豆やレンズ豆など)・ナッツ類(カシューナッツやアーモンド)・海苔などが豊富に含んでいます。

鉄分は動物性と植物性があって植物性のほうが吸収が悪いと言われますが、ビタミンCを一緒に摂ることで吸収率がアップします。

亜鉛
亜鉛は、ゴマ・ナッツ類・シード類などに豊富に含まれます。

鉄分や亜鉛といったミネラルは、玄米やライ麦に含まれるフィチン酸やシュウ酸によって吸収を妨げられるのでちょっと多めに摂ると良いです。

栄養の偏りに気を付けるなら、ちゃんとした知識も必要ですね。

スポンサーリンク

ビーガンは危険?(病気について)

ビーガン生活を実践した人の中には、健康状態が悪化したという人もいます。

それはやはり、栄養がバランスよく摂れないから。

上手に栄養を摂取することができればOKなのかもしれませんが、それってかなり難しいことです。

(上記を見ると栄養面は簡単にクリアできそうに見えますが、実際にはそう簡単ではないってことですね)

どんな危険があるのか、事例は↓

6年間のベジタリアン生活をした人

「めまいや突発性難聴」など健康への悪影響が出た

「常に機嫌が悪くなり、人と口をききたくなかった」と精神面も不安定になった

9年間のビーガン生活をした人

5年目から大量の発汗や発疹が頻繁に起こるようになった

虫歯にもなりやすくなったし、風邪の治りも遅くなった

1年間のベジタリアン生活をした人

半年経ってから、全然ベッドから起きれなくなった

常に疲労感がある、目の下のクマも増えた、小ジワも増えた(気がする)

厳格な菜食主義生活を送っていた夫婦は、2人とも50代の若さでがんで亡くなった
マクロビオティックを実践していた方は50代半ばに肝臓がんで亡くなった

(マクロビオティック:玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法)

ビーガンの人を多数見てきた人のコメントで気になったもの↓

・ビーガンを実践するとほぼ例外なく栄養失調になる

・菜食主義を徹底している人ほど、病状の回復が悪い

・ビーガンの人は貧血か貧血気味

・筋肉が減ることで体のトラブル(腰痛など)に繋がるし、体温も低くなり水分も減って見た目も老化する

・ビーガンは早死ににつながると言い切れる。寿命が20年は縮まる。

ガンジーの言葉だそうです↓

「健康上の理由から菜食を実践することは、一番ひどい方法です。病苦など、つまり単純に健康上の理由から菜食主義を実践する人はたいてい失敗することにわたしは気づきました。菜食主義を貫くには、倫理的な原理が必要なのです。」

ここまで見て、ビーガンを実践するのは相当難しいことだと分かりますね。

中途半端な考えで実践してしまうと、ほぼ間違いなく体を壊すことになると思います。

スポンサーリンク

さいごに

ビーガンの危険性についてチェックしました。

流行っているから、体に良さそうだからという理由で実践するのは止めたほうがいいんだなと思いました。

実践するなら、ちゃんと勉強しないとダメですね。

世の中には何十年もビーガンを続けている人がいるのも事実なので、こういう人はちゃんと栄養やリスクのことを勉強しているんでしょう。

私は菜食主義になることはありませんし、今のところ出会ったこともないですが、もし友達や知り合いにビーガンがいたら…

すぐに思い浮かぶのは、一緒にご飯を食べに行く場合ですね。

どの店に行くかとかどんなメニューがあるかとか、結構気を遣うことになると思います。

あるいは、誘おうと思っても「向こうも誘われても困るかな」と躊躇してしまうこともあるかもしれません。

関係が疎遠になったという人は実際にいるでしょうね。

【関連記事】
ビーガンとベジタリアンの違いは何?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする