P.S.は何の略 手紙やメールでの使い方には注意が必要か

P.S. なんの略

P.S.」って何の略で、どういう意味でしょう?

手紙なんかでよく使われていますよね。

今の時代、普段の生活の中で手紙を出すことは滅多にないでしょうから、若い世代の人は「P.S.」なんて見たこと無いという人も多いかもしれません。

若い世代でなくても自分で手紙に「P.S.」って書いたことない・使ったことない人は多いと思います。

手紙を書く機会もないですし。

そこで今回は「P.S.」とは何の略でどういう意味かについてや、使い方の注意点などをチェックします。

スポンサーリンク

P.S.は何の略

P.S.とは、postscript(ポストスクリプト)の略。

元はラテン語です。

postはラテン語で「~の後に」という意味。

scriptは「台本、脚本、原稿」といった意味。scriptは元々はラテン語のscriptum(書かれたもの)からきています。

post scriptum → postscript

ということで、「書かれた後に」「書いた後に」という意味になります。


つまり、追伸

追伸(ついしん)とは、手紙などの最後に付け加える形で足された文章のこと。

「追伸」について調べてみると、

・手紙では書き忘れた文を本文内に挿入することができないし、手紙を最初から書き直すのは大変なのでよく使われる便利な言葉。
・電子メールで追伸を使用するのは原理的にありえないが、「追伸」を話題を変えるための言葉、一呼吸置くための言葉として解釈している人も多い(現在ではそういう用途で使っている人もいる)

とありました。

P.S.の使い方 手紙やメール

「P.S.」「追伸」は便利ですが、不適切とされる場合もあります。

それは主にビジネスが関わっている場合。仕事のときですね。

仕事のメールで「P.S.」「追伸」を使うのはNGとされています。

先程チェックしたように「電子メールで追伸を使用するのは原理的にありえない」わけです。書き忘れてもすぐに書き直せるので。

それに「P.S.」や「追伸」って書いてあると親しい感じが出るので、仕事だとちょっとふざけた感じ…下手すると馴れ馴れしい感じになってしまうということもあります。

なので、仕事の際に「P.S.」「追伸」は不適切なんですね。

特に目上の人に対して使うのは失礼とされているので注意しましょう。


もちろん手紙の場合であっても、仕事相手に「P.S.」「追伸」を使うのは止めたほうがいいです。

書き間違えたり書き忘れたなら、最初から書き直すのが基本です。

といっても、親しい間柄なら問題ないので手紙なら…メールなら…というよりも、「どういう相手か」が判断基準になりますね。

逆に言えば、ある程度関係が出来上がっていて、その上で少し親しみを出したいなら「P.S.」「追伸」を使うのも手だと考えられます。

スポンサーリンク

P.S.を使ってはいけないのはどんな時?

ビジネスシーンで「P.S.」や「追伸」を使うという以外にも、不適切とされる時があります。

それは、

・結婚のお祝いの手紙を書く時
・お見舞いの手紙を書く時
・感謝や謝罪を表す時

などです。

「結婚のお祝いの手紙を書く時」「お見舞いの手紙を書く時」は、繰り返すこと連想させるからだそうです。

結婚なら再婚を。お見舞いなら不幸を。

個人的には、気にし過ぎじゃない?とは思いますが^^;

「無駄に考え過ぎてるマナー」かも知れませんね。


「感謝や謝罪を表す時」は「P.S. この間はありがとうございました」と書いたりするのは誠意が感じられないから。

まぁこれは当たり前ですね。そんな書き方する人いるか?って感じです(笑)

伝えたいことは本文で伝えましょう^^

P.S.の書き方

「P.S.」って書き方としては

PS
P.S
PS.
P.S.
ps
p.s
ps.
p.s.

があります。

もっと言えば「Ps」とかもありますね。

書き方として適切なものはどれか、ちょっと悩みませんか?

一応、答えとしては

PS
P.S.
ps
p.s.

が適切なものです。

ピリオドを全部付けるか付けないかですね。

さいごに(まとめ)

「P.S.」についてチェックしました。

P.S.とは、postscript(ポストスクリプト)の略。

絶対ダメということではありませんが、一般的に不適切とされるシーンを知っておきましょう。

「P.S.」や「追伸」を使うのであれば、親しい間柄の人へ。


P.S.

そういえば「P.S.」って人生で一度も使ったことないかも…^^;

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする