12月(年末)はなぜ年の瀬という?意味や由来は?いつからいつまで?

年の瀬

12月のことを師走(しわす)って言いますよね。

その12月の中でも、年末も押し迫った時期のことを年の瀬と言います。

なぜ年末のことを年の瀬というんでしょう?

よく使う言葉かというとそんなことはないけど、よく聞く言葉ですよね。

今回は年の瀬について、なぜそう呼ぶのか、いつからいつまでを指すのかなどについてお伝えします。

スポンサーリンク

12月(年末)はなぜ年の瀬という?意味や由来は?

結論からいきましょう。

年末を年の瀬というのは、借金精算の攻防のときだからです。

なるほど~…とはなりませんね^^;

詳しく見てみましょう。


「年の瀬」は江戸時代初期から使われていた言葉。

瀬というのは川の瀬のこと。(川の瀬:川の流れが速くて渡ることが難しいところ)

これが転じて、

1年のうちで一番越えることが難しい時期という意味で、江戸時代に年末のことを年の瀬というようになったそうです。


では、なぜ年末は越えることが難しい時期だったのか。

それは、大晦日が一年間の借金の総決算の日だったから。

江戸時代、町人や武士たちはツケで買い物をしていて、商品を買う時はお金を払わず盆や大晦日という大きな節目にまとめて支払っていました。

特に大晦日は一年の締めくくり。この日までに溜まっているツケを支払わなければいけませんが、中にはお金が足りないという人もいます。

そうなると大晦日は「ツケを払うお金がない者」と「取り立てる者」の借金精算をめぐる攻防が繰り広げられることになります。

つまり、

年末

借金精算の攻防の時期

越えることが難しい時期

年の瀬

ということですね。


ちなみに、暗黙のルールとして「大晦日を過ぎたら借金取りが取り立てに来ない」というものがあったんだとか。

大晦日を超すと借金の取り立てから一時的に逃れられるので、仮病を使ったりする人とか包丁持って近寄らせないようにする人などがいたそうです(笑)

(一時的に逃れられるというのは、次のお盆まで取り立てが来ないという意味)

面白いですね^^

スポンサーリンク

年の瀬はいつからいつまで?

いつからいつまで…というのは明確には決まっていないようです。

ですが、一般的には12月中旬以降になると使われることが多いですね。


ちなみに、国語辞典では「年の瀬」の意味を「年の暮れ」「年末」「歳末」と説明するものが多いです。

また「年の瀬も押し迫る」という言い方からも分かるように、もう本当に最後という感じがします。

なので、厳密には中旬以降というよりは「年末の最後の時期」になるんでしょうね。

さいごに(まとめ)

12月(年末)を年の瀬というのは、

年末は借金精算の攻防のときで無事乗り越えるのが難しい時期

だからでした。

これで疑問もなく完璧に使いこなせますね。

どこかで「年の瀬も押し迫ってきたなぁ」と使ってみてくださいね^^

【他の記事】
干支(十二支)の動物の意味や由来 種類はどう決まったの?猫はなぜいない?

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする