クリスマスイブのイブってどういう意味?勘違いしてる可能性大!

クリスマスイブのイブ

クリスマスイブっていうと日本ではカップルが浮かれる日ですね^^

クリスマスは家族で過ごす日と考えてる人も多いかと思います。

ところで、クリスマスイブのイブってどういう意味か知っていますか?

そもそもクリスマスイブって何でしょう。

クリスマスの前の日のこと?

ほとんどの人が12月24日のことだと答えると思います。そうインプットされているんだから当たり前ですね^^

でも実は、クリスマスイブをクリスマスの前日(12月24日)のことと考えるのは正確ではありません。(間違いではない)

【チコちゃんに叱られる】で説明があったので詳しく見てみましょう!

スポンサーリンク

クリスマスイブとは?イブの意味は?

多くの人がクリスマス・イブのイブを「前の日」と捉えていると思いますが、イブというのはイブニングのこと。

イブニング=夜

つまり、クリスマスイブとは「クリスマス当日の夜」のことです。

といっても、12月25日の夜のことではありません。


どういうことかと言うと、これには昔のヨーロッパの1日の区切り方が関係しています。

昔は「日没から新しい1日が始まる」という考えでした。

なので、24日の日没からクリスマスが始まるということになります。

この24日の日没から25日の夜明けまでが、クリスマス当日の夜です。

つまりクリスマスイブです。(昔なら、25日の日没以降は26日が始まっている)

前夜祭とかではありません。

クリスマスイブはクリスマスと別の日ではなくて、クリスマスの期間の一部ということです。


最近では、

前々日のことを「イブ・イブ

誕生日前日を「バースデー・イブ

大晦日を「ニューイヤーズ・イブ

なんて言ったりする人もいるようですが、イブは夜のことなのでこれは勘違いからできた言葉ですね。

空気を壊さないように周りに合わせて使うのはいいですが、本当は違うということを知っておきましょう^^

クリスマスって何の日?

私達が毎年当たり前に楽しんでいるクリスマスですが、クリスマスって何の日でしょう?

「キリストの誕生日」という認識の人が多いと思います。

でも実は、聖書の中にもキリストの誕生日ははっきり書かれていないそうです。

じゃあクリスマスって何の日なのかというと、「キリストが誕生した事を祝う日」と考えられるとのこと。


キリストの誕生した日としての主な候補日は

1月6日、2月2日、3月25日、3月28日、4月2日、4月19日、4月29日、5月20日、11月8日、11月17日、11月18日、12月25日…など

とたくさんあるそうです。


そして、

キリストが亡くなったあとの西暦325年、ローマで行われたキリスト教の偉い人たちが集まる会議で「キリストの誕生日が定まっていないのはおかしくないか?」となり、

有力な候補日として1月6日、3月28日、12月25日の3つが選ばれ、最終的に冬至の日12月25日がキリスト誕生を祝う日に決まりました。

(冬至は1年で1番日が短い日で、この日以降徐々に日が長くなっていきます。これを「人類に光をもたらすキリストの誕生日」というふうに考えた)

※12月25日をクリスマス決めた理由ついては諸説あります。

スポンサーリンク

さいごに(まとめ)

クリスマスイブのイブの意味についてお伝えしました。

イブはイブニング(evening)の略。

夜のことです。

クリスマス・イブはクリスマス当日の夜のことでした。

クリスマス:24日の日没~25日の日没

クリスマスイブ:24日の日没~25日の夜明け(夜明けまでいくかどうかは不明ですが)

今は、24日がクリスマス・イブで25日がクリスマスと認識されているので、「イブ=夜」を正しく当てはめるなら12月25日の夜がクリスマス・イブになりますね^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする