餅と団子の違いとは?これでスッキリ違いが分かる!

餅と団子の違い

お餅とお団子、どちらも柔らかくてモチモチしてますが、その違いを知っていますか?

どう違う?」と聞かれると答えに詰まってしまいます。

テレビのアンケートでは、年配の人はみんな違いを分かっていました。

逆に若い人はほとんどが正解できていませんでした。

若い人ほど、自分で餅や団子を作るということがないので仕方ないところではあります。

この機会にお餅とお団子の違いをチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

お餅とお団子の違いとは?

お餅とお団子の違い、それは粒か粉かです。

餅と団子は、作る時の材料の形状が違います。


餅も団子も原材料は主にお米です。

・餅は…蒸したもち米を米粒のまま臼と杵でついたもの

・団子は…米を粉状にして水分を加えてこねて加熱したもの

どちらも米から作られるものですが、粒から作るか粉から作るかという単純な違いなんですね。

桜餅などの他の餅は?

桜餅は「餅」と付いていますが、粉(小麦粉)からなので厳密に言えば餅ではありません

関西で主流のつぶつぶした桜餅も、つぶつぶしているので米から作られていると思っているかもしれませんが、あれは道明寺粉という粉から作られています。

(道明寺粉:蒸したもち米を乾燥させて砕いたもの)

桜餅は、関東でも関西でも粉から作られているのに名前に「餅」が付いています。

関東の桜餅↓
関東の桜餅

関西の桜餅↓
関西の桜餅


桜餅以外にも、粉から作られているのに「餅」が付くものはたくさんあります。

例えば

・柏餅
・くず餅
・わらび餅
・大福餅

など。

大福餅についてですが、大福はもともとは餅で作られるものです。今も餅から作っているお店はたくさんあります。

でも餅はその性質上すぐ固くなってしまうので、餅の代わりに粉から作る団子生地が使われるようになりました。

団子を作るときに混ぜることが多い砂糖には、水分を保つ性質があって生地が固くなりづらく日持ちするといった利点があるからです。

なのでコンビニやスーパーで売っている賞味期限の長いものは米の粉から作られていることが多いようです。

餅と団子の区別の変化

お団子というと「丸い形」というイメージがあるので、現在では材料や作り方よりも

・丸いもの=お団子

・平たいもの=お餅

というように、形状で名付けられているものが多いです。

区別の仕方が時代に合わせて変化しているわけですね。

さいごに(まとめ)

お餅とお団子の違いについてお伝えしました。

粒から作るか粉から作るかという単純なものでした。

単純だけど、作った経験がないとなかなかこの答えにたどり着くのは難しいですね^^

ちなみに、

餅は祝い事、団子は法事やお供え物という分け方もあるようですよ。

【関連記事】
餅の形が関東や関西などの地域で違うのはなぜ?四角や丸に意味はある?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする