桜の開花メカニズムとは?開花から満開までの期間や特徴は

桜 開花 メカニズム

桜は好きですか?

私は好きです^^(多くの人が好きだと思いますが)

私たちにとってとても馴染みの深い花と言えば「桜」ですが、桜ってどういう仕組みで咲いているんでしょう?

桜の種類にもよると思いますが、春になって暖かくなったら咲くのが当たり前だと思っていますよね^^

夏や秋が開花の季節にならないのはなぜでしょう?

こう考え出すと、ちょっと不思議に思えてきませんか。

そこで今回は、桜の開花のメカニズムについて調べてみました。

スポンサーリンク

桜の開花のメカニズムとは?

桜が開花するまでには凄く明確なメカニズムがあります。

桜は春に咲く芽を前の年には(冬が来る前に)作っているんです。

しかし、すぐには開花することはなく休眠期間という眠りの状態に入ります

そして冬の寒い時期を越えて休眠期間を過ぎると成長した芽が開花するということになります。

これが大まかな桜の開花までの流れです。

この「休眠期間」というのがポイントになってきます。

一般的に桜は温暖な地域から満開になっていくのですが、例外があったり暖かければ必ず早く咲くわけではないというのもここがポイントとなります。


桜は芽がまず花になり、その後実になるタイプの樹木です。このタイプの樹木の芽のことを花芽といいます。

桜の場合、この花芽が前の年には既に作られています。

この後、冬になる前までには桜が開花するために必要な要素は揃っているのだそうですが、実際には春になるまで咲かないんです。

夏や秋に咲いてもおかしくはないのになぜ春に咲くのか?はここに秘密があります。

ポイントは休眠物質という存在です。

桜というのは咲く以前から開花の能力自体は持っていると言いましたが、この休眠物質で開花を抑えているんです。

休眠物質というのは桜の開花にとってかなり重大な要素なんですね。

そして休眠物質が減ると開花準備に入ります。これを休眠打破といいます。

(休眠打破と聞いて「眠眠打破」みたいと思った人は私だけではないと思う…)


この休眠打破の状態になるために必要なのが冬の寒さだと言われています。

つまり気温が低いほど休眠物質が減りやすいということです。

なぜ桜がそんなことをしているのかというと、わざと芽を伸ばすのを抑えて寒い時期を乗り切るためだと言われています。

桜にとって冬の寒さは必要なものだったんです。

この休眠打破の後、春に向かって気温が上がるにつれて成長していき桜は一気に開花を迎えます。

開花にとって寒さと暖かさというのは両方とも重要なものなんですね。

単純に「春になって暖かくなったから咲く」というわけではないのは意外だったと思います。

そう考えると、植物というのは賢いんだなと感心しますね^^

スポンサーリンク

桜の開花から満開までの期間はどれくらい?地域差もある?

桜 開花 メカニズム

桜に興味を持ってる人なら満開になる時期を知りたいという方は多いと思います。

そこで開花から満開になるまでになるまでの期間はどれくらいなのか調べてみました。

一般的に桜の芽のうち5~6輪が咲くことが開花とされています。

一方、満開というのは8割の花芽が咲くことを指しています。3分咲きとか7分咲きといった言葉はよく耳にすると思いますが、満開というのは8分咲き以上のことです。

気温などの条件によって変化はあるものの、開花から約4日~6日で5分咲き~7分咲きになります

その後、8分咲き以上の満開になります。

この満開の状態が5日から10日ほど続き、鑑賞に最も適している期間と言えそうです。


あと、桜が開花と地域差について、ですが…

やはり沖縄が早いですね。1月下旬頃から咲き始め、2月中旬頃に終わっていきます。

私の感覚では1月、2月って真冬ですから、とても不思議な感じがします^^

ちなみに、沖縄でメジャーな桜はソメイヨシノではありません。「寒緋桜(かんひざくら)」という品種がメジャーです。


日本の桜は約8割がソメイヨシノだと言われています。(日本には約600種もの桜があるそうなんですが、ソメイヨシノがとてつもなく幅を利かせているんですね^^)

気象庁が開花の目安としているのもソメイヨシノです。

開花時期に差が出てしまうことがありますが、これは上で説明した休眠打破に必要な寒さが関係していたり、またソメイヨシノでない品種の桜は満開になる時期が違う場合があります。

さいごに

桜の開花メカニズムについてお伝えしました。

休眠打破」という聞き慣れない言葉がありましたね。

そして、冬の寒さも桜にとって必要な要素でした。

桜は身近な樹木なのに意外と知らない事もあったのではないでしょうか?

桜を見掛けたときに意外と複雑なメカニズムがあるんだなと知っていると、印象が変わったりするかもしれませんね^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする