昆布が海の中で出汁が出ない理由は浸透圧とは関係ない?

昆布 だし 海

出汁をとるといえば昆布を思い浮かべますが、昆布って海でゆらゆら揺れていますよね。

あれって何で「だし」が出ないんでしょうか?

普通、昆布を水につけておいたら「だし」が出ますよね。

昆布が海の中で出汁が出ない理由って何でしょう?

周りの人に聞いても意外と答えられないこの素朴な疑問についてチェックしておきましょう^^

スポンサーリンク

昆布が海の中で出汁が出ない理由とは?

昆布のだしが海の中では出ない理由について、一度は考えてみましたか?

家族や友人とも意見を出し合ってみてください。楽しいかもしれませんよ^^


昆布のだしが海の中では出ない理由として私が最初に思ったのは、

熱を加えることで出汁が出るからじゃない?

というものでした^^

「何言ってんだ…水でも出るよ」って感じですよね(笑)

(でも同じように考えた人もいるのではないでしょうか)


正解は、昆布が生きているからです。

昆布が生きている限りダシは出ません。

昆布は海の比較的浅いところで海水から栄養をもらって育っています。

人間によって水揚げされると海水から栄養をもらえなくなるので死ぬことになります。

こうやって死んだ昆布からはダシが取れるようになります。

・そもそも出汁(だし)って何?

出汁とは、動物性食品(カツオなど)や植物性食品(しいたけなど)から、旨味成分を水で抽出した液体のことです。

昆布はアミノ酸の一種であるグルタミン酸などの旨味成分が豊富です。

これが昆布の出汁の正体です。

出汁(だし)=旨味成分を水で抽出した液体

なんですね。

このグルタミン酸などのアミノ酸は昆布の細胞の中に存在していて、生きている間は細胞膜によって外に出ないように閉じ込められています。

なので昆布が生きている間は「だし」が取れないんですね。


細胞膜には物質を細胞の中にとどめるか外に出すかをコントロールする役割があって、昆布が生きていく上で大切なグルタミン酸などのアミノ酸は細胞の中に閉じ込められています。

でも、昆布が死ぬと細胞膜が壊れてグルタミン酸などが外に漏れ出します。

細胞膜が壊れているかどうかが「だしが出る出ない」のポイントということです。

スポンサーリンク

出汁をとった後の昆布は食べたほうがいい?

ダシをとった後の昆布って食べますか?

もう栄養を失っているような気がして食べないという人も多いんじゃないでしょうか。

でも昆布は出汁をとった後でも栄養が豊富にあります。

昆布には、高血圧の予防やコレステロール値を下げる食物繊維やミネラルがたくさん残っているので捨てるのはもったいないです。

つくだ煮やふりかけにして食べるのもいいですね^^

昆布のだしは乾燥してる方が多くとれる?

昆布は乾燥している方がうま味成分がギュッと詰まっている感じがして良さそうな気がしますが、

生の昆布も乾燥昆布もグルタミン酸の量はほとんど同じです。

なので出汁の量もほとんど変わりません。


ちなみに、

昆布を乾燥させるのは、出汁のためではなく保存のためです。

生の昆布は冷凍しても1週間くらいしか持たないのに対して、乾燥させた昆布は10年以上も保存できます(条件にもよる)。

昆布が海の中で出汁が出ない理由:浸透圧は関係ない?

他の人の考えを、ちょっとだけ見てみましょう^^

他には、

お笑い芸人のテツandトモさんが「昆布が海の中で出汁が出ないのは浸透圧の関係」と言っていたネタがあったそうですが、間違っていたんだなぁ

というお話もありました(笑)

スポンサーリンク

昆布が海の中で出汁が出ない理由:まとめ

昆布のだしが海の中では出ない理由は、生きているからでした!

答えが分かると、なぜか「それは当たり前では?」って思えてきます。

言い方の問題でしょうか。

生きていて細胞膜が壊れていないから」と聞くと、「なるほど」となります^^


あと、昆布は出汁をとった後でも栄養豊富なので食べたほうがお得だということも分かりました。

素朴な疑問について考えてみるのも楽しいですね。

話のネタにするのもいいかもしれません^^

【他の記事】
出世魚は何種類?一覧で名前も!実は出世魚ではない魚とは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする