資格と検定の違いって何?免許は?履歴書に書くかどうかの基準は?

資格と検定の違い

世の中にはたくさんの資格や検定がありますが、資格と検定の違いって分かりますか?




違いを説明しろって言われると意外と難しいですよね。

ちょっと考えてみても、上手く言葉で言えません。

そこで今回は、資格と検定の違いについて、できるだけ簡単にお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

資格と検定の違い

資格と検定の違いをとても簡単に言うと、

資格は、ないと業務ができないもの(厳密ではない)

検定は、知識やスキルといった能力の目安

です。

例を挙げると、弁護士資格を取得した人は弁護士になれます。

英検に合格した人は、英語の能力があることが分かります。

試験などに合格した後、独占的な権利が発生するかしないかという違いがあるということですね。

厳密ではないと書いたのは、ここで言う資格とは国家資格の中の業務独占資格のことを指しているからです。

国家資格は、大きく分けると業務独占資格と名称独占資格というものに分けられます。

業務独占資格は例に挙げたように弁護士や医師などのことで、資格がないと業務ができませんね。

一方、名称独占資格というのは保育士や栄養士、調理師などのことで、その資格がなくても業務ができます。

ただし、資格がないとその名称を名乗れません。

また、英検などは公的資格と称されるので紛らわしいです。

資格って言葉が入っちゃってますからね。

広義の意味では、すべて資格と呼べてしまいます。


整理すると、

国家資格
・業務独占資格…医師、弁護士、建築士、税理士、薬剤師など

・名称独占資格…社会福祉士、介護福祉士、保育士、栄養士、調理師など

公的資格(民間資格との境界が曖昧ではある)
実用英語技能検定(英検)、実用数学技能検定(数検)、日商簿記検定など

民間資格
TOEIC、TOEFL、フードコーディネーターなど

ややこしくなってきましたが、

資格と検定の違いは

資格:専門能力を証明し、特定の職業に就くうえで取得が求められるもの

検定:知識やスキルを検査し、能力のレベルを示すもの

です。

スポンサーリンク

免許と資格の違いは?

免許は資格です。

試験の合格証書だけでは資格の効力が無く、公的機関に登録し、登録証や免許証を取得して始めて業務を行うことが出来るというもの。

例えば、運転免許(普通自動車免許)は一番簡単な国家資格です。

業務を行う(自動車の運転をする)ためには、免許証が必要ですね。

資格検定を履歴書に書く基準は?

資格や検定って、履歴書に書いていいかどうかの基準があるんでしょうか?

ちょっとチェックしてみましょう。

書いていいもの

就きたい職種に関連する資格は、当然書いていい…というか書くべきものです。

また、職種関係なく書いていいと考えられるものは「国家資格、普通自動車免許、英検・TOEIC、パソコン系の認定資格」があります。

国家資格はプラス要素ですし、過去の職種の証明にもなります。

普通自動車免許は、持っていれば書くのが常識となってますね。書いておかしいことではないですし。

英検・TOEICは、レベルによります。

今の世の中、職種関係なく英語自体はできた方がいいに決まっているので書いたほうがいいんですが、レベルが低いと逆効果だったり、恥ずかしかったりします。

英検なら、2級以上

TOEICなら600点以上(ビジネスに活用できると判断されるライン)が目安です。

パソコン系の認定資格は、あるなら書いとけって感じです。

今の時代、パソコンを使わない仕事って少ないので。

趣味系の資格は、趣味・特技の欄に書いておけば話のネタになる可能性はありますよね。

さいごに

資格と検定の違いについてお伝えしました。

私は自慢できるような資格を持っていないので、難易度の高い資格を持っている人は羨ましいし、感心します。

頑張った証ですからね。

でも難易度の高い資格って、将来その仕事に就きたいっていう気持ちがないと頑張れないんですよね。

なんとなく「何か自慢できる資格が欲しいから」では、続かないもんです(優秀な人や資格マニアなんて人は別ですけど)。

やっぱり、趣味系の資格が楽しいですよね♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする