箸をプレゼントする意味とは?いい意味と悪い意味がある?夫婦箸はどう?

箸をプレゼントする意味

誕生日、結婚祝い、出産祝い、銀婚式、金婚式など、たくさんの記念日がありますが、何かの記念日や祝い事に、お箸をプレゼントしたことはありますか?

プレゼントには、種類によって意味があったりします。

例えば、
・ハンカチなら、「もう会いたくない」
・ネクタイなら、「あなたに首ったけ」
・財布なら、「いつも一緒にいたい」

などです。

個人的には、こんなのはこじつけなのでしょうもないとも思うのですが、人によっては気になるわけです。

こういった「縁起」を気にする人にプレゼントを贈るときは注意が必要です。勘違いさせてしまう可能性があります。

特に、悪い意味があると、そんな気はなくても相手を不快にしてしまうなんてことが起きてしまいます。

悪い意味なんて付けずに、良い意味だけにすればいいのに」と思いますが(笑)

そこで今回は、箸をプレゼントすることについて、
・どういう意味があるのか
・プレゼントに適しているのか
・より喜んでもらうには

といったことについて、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

箸をプレゼントする意味

箸をプレゼントすることには意味があるとされています。

いい意味も悪い意味もあります。

いい意味

いい意味は、

・人と人とを結びつける橋渡し(ご縁を結ぶ)
・幸せへの橋渡し

という意味です。

「橋」と「箸」がかかっています。

お箸は2本で1組、ピタッとくっついてるということから、夫婦を連想させます。それが「幸せ」に繋がっているんですね。

悪い意味

悪い意味は、

・あの世への橋渡し(三途の川への橋渡し)

です。

高齢者に贈る場合、こういう意味も発生するということなんですが、こんな意味をこじつけた(考えた)人は、ろくでなしだと思います。

どう考えてもいらない意味ですよね(笑)

まぁでも、いい意味も悪い意味も浸透しているかどうか、知っているかどうかですよね。たぶん浸透してないと思います(世代が変わるにつれて、より浸透してない)。

もしくは気にしない、いい意味だけ含んでるってことで、お箸をおじいちゃんおばあちゃんにプレゼントしている人もたくさんいるでしょう。

そもそも喜んでもらいたいという気持ちがあるのに、悪い意味を含むわけがありません。

悪い意味は徐々に消えていってくれるといいですね。

あと、こちらはいい意味になりますが、
若者から高齢者に箸を贈るのは「元気さの橋渡し」ってのもあるようです。

たぶん、悪い意味を消すために良い意味を考えたんだと思います。真逆の意味になってますからね。

こういうのが良いですよね。

スポンサーリンク

夫婦箸は?

夫婦箸は、長さの違う箸の2膳セット。

「いい意味」のところで述べたように「幸せ」「夫婦が寄り添う」を意味してます。

・箸は2本で1組
・どちらかが欠けては使えない
・ピタリと合わないとうまく使えない
・ピタリと寄り添ってる

そういったところから夫婦に繋がっています。

なので、プレゼントにはピッタリです。

より喜んでもらう

プレゼントとして、より喜んでもらうなら、名入れ箸をオススメします。

名が入っていると、特別感が増しますよね♪

もらった方は、とっても嬉しいと思います。

さいごに

箸をプレゼントする意味について、お伝えしました。

良い意味も悪い意味もありましたが、

箸に限らず、こういった「縁起」にこだわりがある人(詳しい人)にプレゼントする場合は、もしかしたらちょっとだけ注意がいるかもしれませんね。

まぁ、ほとんどの人は素直に喜んでくれると思うので、あまり気にする必要はないですね。なんなら自分でいい意味を考えてしまってもいいと思います(笑)

大切なのは気持ちですからね♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする